カテゴリー別アーカイブ: ウミウシ

風波ザブザブ、、、曇り空


11月27日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温:16℃ 水温:19~20℃
透明度:10m  海況:風波あり

曇り空、北風の吹く、肌寒い一日で
風波ザブザブしたコンディション
透明度もすっきりしない感じですが
まずまず、、、
今年はなかなかクリアな世界が広がりませんね!

しかし、生物は充実
ウミウシワールドを楽しんできました。
まずはシモダイロウミウシが登場
薄紫の体色が綺麗

シモダイロウミウシ
シモダイロウミウシ

ニシキウミウシのチビが海草に隠れるように
見る事ができました。

ニシキウミウシのチビ
ニシキウミウシのチビ

ウミウシワールド・・・in伊豆海洋公園


※史上初、伊豆海洋公園・夏ナイトダイビング開催!
次回開催は8月12日(土)

7月20日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:32℃ 水温:19~22℃
透明度:10~15m  海況:凪

通常オープンの穏やかなコンディション
毎日、同じ言葉ですが、穏やかそのもの
透明度も良好ですが、今日はやや冷たい潮が入り
砂地に降りると、冷たく感じます。

ウミウシ人気が急上昇している、今日この頃
今日、1の根周りで見られたウミウシを紹介します。

サメジマオトメウミウシ
サメジマオトメウミウシ
イガグリウミウシ
イガグリウミウシ
サキシマミノウミウシ
サキシマミノウミウシ
サラサウミウシ
サラサウミウシ
ニシキウミウシ
ニシキウミウシ
コイボウミウシ
コイボウミウシ

普通種、稀種と秋にかけ種類が増えるウミウシ
ウミウシファンには、たまらない季節の到来です。

穏やかな海・・・伊豆海洋公園


※史上初、伊豆海洋公園・夏ナイトダイビング開催!
次回開催は7月16日(日)

6月27日(火)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温:26℃ 水温:20~21℃
透明度:10~15m  海況:凪

曇り空でしたが、大変穏やかなコンディション
やや白っぽい透明度ですが、まずまずな感じの印象
コンディションは良好です!

1の根周りをゆっくりと回ってきました。
1の根周りにはウミウシの種類が多く見られ
今日はコモンウミウシのペアの並んでいる姿が見られました。

コモンウミウシのペア
コモンウミウシのペア

浅場から深場まで色、大きさ、様々のウミウシの卵を
見かけますが、どれが、どのウミウシの卵なのか?
分からず、、、
勉強不足を思い知らされますが、少しづつ観察し
調べてみたいと思います。

ウミウシの卵、なにウミウシになるんだろう?
ウミウシの卵、なにウミウシになるんだろう?

クエ穴にメリべウミウシ
メリべウミウシと言えば浅場の石の下に
生息しているウミウシと思っていたのですが
クエ穴に居るとは、ある意味衝撃
しかも、今まで見た中で最大
大きさが分かるように横にウエイトを置いてみたら
積極的にウエイトに乗ってきます。
面白いウミウシで、敵に襲われると背中にある突起を
ちぎり逃走、体に比べると大きな口を持ったウミウシ

メリべウミウシ
メリべウミウシ

べた凪なコンディション


5月29日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:26℃ 水温:16~18℃
透明度:5~8m  海況:穏やか

連日、穏やかなコンディションが続いています。
濁りの入った透明度ですが、悪いなりにまずまず
見えてはいる、そんな微妙な感じです。

ウミウシが見たい!そんなリクエストが多いので
1の根周りに見られているウミウシを少し紹介します。

近場の1の根周りだけでも、ウミウシの種類は豊富
キイロイボウミウシ
マーブルな体色が目立つウミウシです。

キイロイボウミウシ
キイロイボウミウシ

スイートジェリーミドリガイ
英名と和英が混じる名前のウミウシ

スイートジェリーミドリガイ
スイートジェリーミドリガイ

大型のマンリョウウミウシも見る事が出来ました。

マンリョウウミウシ
マンリョウウミウシ

顔が奥を向いて写らなかったので
お尻からの写真になってしまいました。

快晴→西風→凪→透明度回復


5月27日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:26℃ 水温:16~18℃
透明度:8~20m  海況:穏やか

昨日のうねりが、強く吹いた西風の影響で
大変穏やかな凪のコンディション
さらに快晴、その上、透明度が急激アップ
エキジットしたゲストから出た一言、、、
沖縄かと思った!
そのくらい、綺麗な潮が入ってきました。

ですが、マイナス干潮でエキジット口はドン引き
エキジット時、立ち上がるのに、、、
よっこらしょ!と思わず声が出ます。
穏やかなので全く問題はありません。

ウミウシが見てみたい、、、のリクエストに
ウミウシワールドに、ご招待ダイブ
多くの種類を見る事が出来ましたが
ゲストが一番、心奪われたのが、イガグリウミウシ
背中のピンクが大変綺麗!

ピンクが目立つ、イガグリウミウシ
ピンクが目立つ、イガグリウミウシ

そして、今年はやけに個体数の多いミアミラウミウシ
体形、模様、色が面白いウミウシです。

ミアミラウミウシ
ミアミラウミウシ

ウミウシだけでなく、キビナゴの大群が流れる様に通過
砂地にはカスザメが2個体
ほぼ同じ大きさなので今まで1個体が砂地を移動し、
見れていると思っていたら、実は2個体

週末に掛け、コンディションが良くなってきました。

穏やかなコンディション・通常オープン


5月4日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:20℃ 水温:15℃
透明度:8~12m  海況:穏やか

大変穏やかなコンディションで
天気も良く、GW連休も穏やかに過ぎて去っています。
透明度は浮遊物は目立ちますが、やや濁りで安定
悪くはないですよーーー

2の根まで足を伸ばして潜ってきました。
キンギョハナダイ、サクラダイの群れが綺麗で
元気よく、泳ぎ回っています。

新しくミアミラウミウシの綺麗な個体に出会えました。
何で、こんな山脈のような凹凸の体形になるのか?
体色もサイケデリックな模様と色
今年は大小のミアミラウミウシが登場しています。

ミアミラウミウシ・・PHOTO by Mr.IINO
ミアミラウミウシ・・PHOTO by
Mr.IINO

浅場にネコザメの卵が転がっていたので、ライトを当てて中を
見てみると、残念ながら、出た後でした。

ネコザメ卵 PHOTO by Mr.IINO
ネコザメ卵 PHOTO by Mr.IINO

穏やかな日が続いているので幸せ感一杯です。

ややざわつきあり、、、潜水注意


2017年ドライスーツレンタル無料キャンペーン実施中

4月10日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温:12℃ 水温:14℃
透明度:8~10m  海況:ざわつきあり

昨日に比べると、気温は下がり、やや肌寒い一日でした。
低気圧の影響で、ややうねりのあるコンディション
透明度も下がり、白濁感があります。
明日は東向きの風とうねりで厳しいコンディションが
予想されます。

今日はガーベラミノウミウシとそっくりなサクラミノウミウシ
2種類を見る事が出来ました。
普段はほとんど動くことなく、住家のウミウチワにつかまり
じっとしているガーベラミノウミウシが
今日は元気よく動いていました。

大きなガーベラミノウミウシ
大きなガーベラミノウミウシ

ガーベラミノウミウシにそっくりなサクラミノウミウシ
見た目は、ほとんど一緒
違いは背中にあるミノが尖っているか、いないか
サクラミノウミウシはミノの先が尖っていて、透明感がない白色
決まった住家は無いようで、コケの生えている岩の側面に
張り付きガーベラよりも個体数は少ない。

ガーベラはミノの消化線が見え、半透明で先端が丸いのが特徴

サクラミノウミウシ
サクラミノウミウシ

似ている様で比なるもの・・・
そんなウミウシは多いので、生物は奥が深い!
日々勉強です。