カテゴリー別アーカイブ: 伊豆ダイビング

穏やかな週末、IOP


11月26日(日)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:15℃ 水温:20℃
透明度:10m  海況:良好

西風が強く吹き、沖では白波が立っていましたが
エントリー口は大変穏やかなコンディション
透明度も良好、日差しも入り、水中は明るく
綺麗でした。

クエ穴の中にミナミハコフグの幼魚が
フラフラ、鮮やかな黄色の体色が綺麗です。

ミナミハコフグ幼魚
ミナミハコフグ幼魚

台風21号の大きなうねりで大荒れなコンディション
伊豆にも大きな爪痕を残し、伊豆海洋公園も影響が
大きく、台風襲来する前には浅場に多くの生物が観察
出来ていましたが、クローズ後には生物がいなくなり
どれだけの期間で、生物が帰ってくるのか
心配していましたが、少しづつ回復

浅場にはクロメガネスズメダイ幼魚が帰ってきました。

クロメガネスズメダイ幼魚
クロメガネスズメダイ幼魚

暴風雨から快晴へ、、、平沢にて


11月23日(木)ポイント:平沢
天気:雨のち晴れ 気温:14℃ 水温:20~21℃
透明度:8m  海況:良好

朝から激しい雨、風も強く
天気予報では北西の風が吹き、波も上がらない予報で
安心していましたのですが、朝イチで海を見に行ってみると
風が吹き込み、荒れたコンディション

そんな訳で、穏やかな平沢へ
平沢に着く頃には、雨も止み、みるみる晴れ間が広がり
快晴、富士山も目の前に見る事が出来ました。

コンディションは凪、透明度良く、快適に楽しめました。

穏やかな凪、平沢にて
穏やかな凪、平沢にて

うねりありから穏やかに


11月20日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:10℃ 水温:20~21℃
透明度:10~12m  海況:うねりあり

昨日のうねりが残り、ややざぶついたコンディションでしたが
午後になり、波も落ち着き穏やかになりました。

クエ穴の主、大きなクエが姿を消し
新しく登場したクエの若成魚が、クエ穴のすぐ下で
じっとし、ホンソメワケベラにクリーニングされている
姿が観察出来ています。

クエ穴下にてクエ若成魚
クエ穴下にてクエ若成魚

クエ穴上にあるクマノミの根では
クマノミ幼魚、成魚、ミツボシクロスズメダイが
元気よく、泳ぎ回り、南国の海を思わせるような
光景が見られています。

クマノミの根
クマノミの根

風波ザブザブ、、、in伊豆海洋公園


9月30日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温:26℃ 水温:24~26℃
透明度:8~13m  海況:波あり

やや風が吹いた為、エントリー口に波が立ちましたが
問題なく、エントリー、エキジット出来
水中は穏やか、昨日より少し透明度が上がった感じです。

1ダイブ目はブリマチの根
2ダイブ目は1の根から1.5の根へ
3ダイブ目は2の根へ
スペシャルコースの一日で、群れ、群れ、群れな一日でも
ありました。

キンギョハナダイ、サクラダイ、スカシテンジクダイ
キビナゴ、スズメダイ、ミナミハタンポなどの大群が
ポイント全域に多く見られています。

ミナミハタンポ大群
ミナミハタンポ大群

クロメガネスズメダイ幼魚は巣から出たり
入ったり、可愛い姿を見せてくれています。

送り出しの入り江にて、クロメガネスズメダイ幼魚
送り出しの入り江にて、クロメガネスズメダイ幼魚

穏やかなコンディション続く


9月27日(水)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇りのち晴れ 気温:26℃ 水温:24~26℃
透明度:15m  海況:穏やか

天気は曇りから快晴へ
そして、午後にはまた曇り
ころころと移り変わる空模様でした。
昨日の透明度が最高だった為、今日は濁ったように
感じますが、普通に綺麗でした。

今年はサザナミヤッコ幼魚の数が例年に比べると多い様に感じます。
大小さまざまな大きさの幼魚

大きくなるにしたがって体色の輝きが増し
美しさも増してきています。

鮮やかサザナミヤッコ幼魚
鮮やかサザナミヤッコ幼魚

間違いなくベストコンディション!


9月26日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:26℃ 水温:24~26℃
透明度:15~25m  海況:穏やか

海は青く、浮遊物、濁りもなく大変綺麗で
久々に、ベストコンディションです。
まるで、水族館の中に居るような錯覚さえ感じる
魚影の濃さ、1の根周りにはキビナゴが大群になり
根を取り巻き、キビナゴの群れの中を泳ぎ
魚に包まれる、、、そんな感じです。
キビナゴの群れにカンパチの群れがガンガン、アタック

人気のイロカエルアンコウ幼魚は少しづつ移動していますが
今日は大きな口を開け、あくびしているシーンを
見る事が出来ました。

イロカエルアンコウ・あくび中Photo by CHIKAKOさん
イロカエルアンコウ・あくび中Photo by CHIKAKOさん

1.5の根に暮らす子ウミガメ
今日はゆっくりと泳ぎ、水面に出て息継ぎ
そして、ダイブ
水底からシルエットで撮影出来、ご満悦な
今日のゲスト、CHIKAKOさん

ウミガメ・シルエットPhoto by CHIKAKOさん
ウミガメ・シルエットPhoto by CHIKAKOさん

こんなベストコンディションが続いてほしいものです。

通常オープンから潜水注意へ


9月24日(日)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温:25℃ 水温:24~26℃
透明度:4~10m  海況:潜水注意

昨日はクローズになった伊豆海洋公園ですが
朝、海を見に行ってみると、、、穏やか
通常オープン
しかし、徐々にサイズアップしどっかん、どっかん
透明度も下がりました。

1の根周りには、スカシテンジクダイ、ネンブツダイ
イサキ、タカベ、キビナゴの群れが根を覆う勢いで
群れていますが、キビナゴを追い回すカンパチの群れが
ぐるぐる回遊、根上で見ていると捕食シーンに圧倒されます。
クエ穴にはダイダイヨウジが見られていますが
体色が七色に輝く虹のグラディエーションの様で
大変、綺麗です。

ダイダイヨウジ
ダイダイヨウジ

復活!グッドコンディション


9月19日(水)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:29℃ 水温:24~26℃
透明度:13~18m  海況:良好

快晴、穏やか、透明度良好!
やっと海洋公園に帰ってきました。

先日ジンベイザメが登場しただけに
海洋公園の場合、何が出るか、何が出ても
おかしくない海だけに、毎日潜っていても
ワクワクします。

今日もキビナゴを追い回すカンパチの群れが
びゅんびゅんきます。

カンパチのアタック
カンパチのアタック

波が高く、送り出しの入り江は洗濯機の中の
様なコンディションだったはず、、、
にもかかわらず、クロメガネスズメダイ幼魚は
一回り、大きくなり健在でした。

送り出しの入り江にて、クロメガネスズメダイ幼魚
送り出しの入り江にて、クロメガネスズメダイ幼魚

最高です!間違いなくベストコンディション!


9月13日(水)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:30℃ 水温:24~26℃
透明度:15~20m  海況:良好

久々に朝から晴れ、気温も上がり真夏日
水面に反射する太陽の日差しがキラキラと綺麗です。
さらに、透明度最高です!
遠くまで見え、ブルーでクリアで大変綺麗

その上、魚が多く、キビナゴ、イサキ、ミナミハタンポ幼魚
がどさっと、、、エントリー口にはアオリイカが群れ

毎日潜っていても、今日の天気、コンディションには
ガイドもテンション上がります。

送り出しの入り江に住み着いたヌノサラシ
最近では話題にも上がってきませんが、少し成長したように
感じます。

定住、ヌノサラシ!
定住、ヌノサラシ!

超浅場に、ミナミハタンポ幼魚の群れ
キラキラと綺麗です。

ミナミハタンポ幼魚
ミナミハタンポ幼魚

少し人慣れしたせいか、じっくりと観察できるように
なりました、、、メガネスズメダイ幼魚

メガネスズメダイ幼魚
メガネスズメダイ幼魚

台風18号が週末にかけ、近づいてきています。
今のコンディションが台風前の静けさとならなければ、
良いのですが、、、