カテゴリー別アーカイブ: #人気ダイビングポイント

やっとオープン!伊豆海洋公園!


※ドライスーツレンタル無料キャンペーン実施中!
開催期間2020年4月末日まで

ドライスーツ・レンタル無料キャンペーン中
ドライスーツ・レンタル無料キャンペーン中

11月30日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:12℃ 水温:20~21℃
透明度 :15~20m 海洋状況:うねりあり

天気は快晴、やっとオープンしましたが
予想していたより、波が落ち着かず、
うねりが残り、ザバザバで潜水注意
しかし、透明度は抜群
浮遊物もなく、透明度でブルーの水

群れもはっきり見えます。
ツムブリの群れが大接近
我々の周りをぐるぐる回遊してきます。

ガンガン回遊・ツムブリの群れ
ガンガン回遊・ツムブリの群れ

砂地ではトビエイ幼魚が砂を口に含んで
もぐもぐと食事中

只今、食事中、トビエイ幼魚
只今、食事中、トビエイ幼魚

エントリー、エキジットは波で少し揺れましたが
久しぶり透明度の良い中、気持ち良く潜れました。

ベストシーズン到来!伊豆海洋公園!


10月30日(水)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:22℃ 水温:22~24℃
透明度 :15~20m 海洋状況:良好

昨日は雨が降り、冷え込んだ一日でしたが
今日は朝から快晴、気温も上がり
気持ちの良い一日、海のコンディションも穏やか
さらに透明度も良く、やっと秋のベストシーズンが
始まった感じがします。
光が頭上から差し込み、送り出しの入り江に群れる
イワシの大群に反射

キンセンイシモチの群れに交じって小さなアカハチハゼ幼魚
他の魚の群れに交じっているのを見たのが初めて
極小さな幼魚は、群れの中で成長するのかも!?

キンセンイシモチの群れに交じってアカハチハゼ幼魚
キンセンイシモチの群れに交じってアカハチハゼ幼魚

シャイなレンテンヤッコ幼魚は岩の隙間を出たり入ったり
綺麗なグラディエーションの体色が目立ちます。

シャイな極小レンテンヤッコ幼魚
シャイな極小レンテンヤッコ幼魚

タテジマキンチャクダイ幼魚も岩に亀裂をふらふらと
泳いで、可愛い姿を見る事が出来ています。

タテジマキンチャクダイ幼魚
タテジマキンチャクダイ幼魚

ニラミギンポは巣穴の中でニラミをきかせてました。

ニラミギンポ
ニラミギンポ

透明な体で隠れ、身を守る
腕が長く、よく見てみないと分からない
オシャレカクレエビ

見事な透明感で隠れるオシャレカクレエビ
見事な透明感で隠れるオシャレカクレエビ

これからもっと生物が増えてきて、
楽しいシーズンが遅めながら始まります。

久々に伊豆海洋公園ダイビング


10月17日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温:19℃ 水温:23~25℃
透明度 :10~15m 海洋状況:風波あり

台風19号通過後、久しぶり伊豆海洋公園での
ダイビングとなりました。
風は東向き、やや波のあるコンディション
浅場は揺れていましたが、
透明度はまずまず良好で綺麗でした。

19号通過で荒れた痕跡は残っていますが
15号が通過した直後の荒れた水中が衝撃的だっただけに
今回は思ったより悪くない印象
死滅回遊魚も健在で、
ニラミギンポ、タテジマキンチャクダイ幼魚、キリンミノ
などなど、台風前と変わらない位置で見られました。

一回り大きく成長したニラミギンポ
一回り大きく成長したニラミギンポ
タテジマキンチャクダイ幼魚
タテジマキンチャクダイ幼魚
台風前と変わらない位置でキリンミノ
台風前と変わらない位置でキリンミノ

キイロウミウシがゆっくりと移動中
黄色と名がつくウミウシですが、
色彩変化が多いようで、伊豆海洋公園で見られる
個体は白が多いようです。

色彩変化の多いキイロウミウシ
色彩変化の多いキイロウミウシ

明日もまた風が強く吹く予報
コンディションが心配されます。

都心から行く人気のビーチポイント


2019サンセット&ナイトダイビング日程

10月5日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:28℃ 水温:26℃
透明度 :8m 海洋状況:良好

穏やかなコンディションでした。
天気も良く、平和な週末、やや濁りのある透明度ですが
イサキ、タカベ、イワシの群れも見え十分楽しめます。

豊富な生物が観察できています。
砂地ではカスザメ幼魚
砂を被る様子を皆で囲んで観察しました。
体をくねらせ、砂を巻き上げて隠れる。
魚の生態は興味の尽きないところ

砂地の忍者・カスザメ
砂地の忍者・カスザメ

ウミトサカにピンクのスケロクウミタケハゼが
たくさんいて、動き回り、これだけ多いのは、ほんと珍しい!

スケロクウミタケハゼ
スケロクウミタケハゼ

伊豆のベストシーズン到来!


2019サンセット&ナイトダイビング日程

8月31日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:31℃ 水温:22~26℃
透明度 :10~15m 海洋状況:良好

久々にすっきり晴れ、穏やかなコンディション
また夏が帰ってきました。

午前中はやや流れがありましたが、すぐに流れも止まり
快適なダイビングが楽しめました。

砂地にサカタザメ、カスザメ
砂の中に隠れているサメが見られました。
目だけを出して、こちらを観察

砂の中に目だけを出しているカスザメ
砂の中に目だけを出しているカスザメ
サカタザメはみんなに囲まれ困惑・写真提供、芦田様
サカタザメはみんなに囲まれ困惑・写真提供、芦田様

浅場の石の間をふらふらと泳ぐ
ミナミハコフグ幼魚は人気魚の定番

ミナミハコフグ幼魚・写真提供、芦田様
ミナミハコフグ幼魚・写真提供、芦田様

ニシキフウライウオ、カミソリウオのペア、アカハチハゼ
イロカエルアンコウなど
人気の生物が目白押しで登場しました。

伊豆のダイビングショップを探す


2019サンセット&ナイトダイビング日程

8月15日(木)ポイント:富戸
天気:雨のち晴れ 気温:31℃ 水温:22~25℃
透明度 :10m 海洋状況:うねりあり

変な天気、朝ザーと降った後、晴れ間が広がりまた雨
台風の変わりやすい空でした。
ほぼ穏やかなコンディションでオープンしましたが
波長の長いうねりが入り始め、うねうね
透明度は変わらず良好です。

キビナゴの群れが頭上から降り注ぎ
キビナゴに囲まれ、一面キビナゴ
群れを追ってカンパチの群れも回ってきました。
さらに、エントリー口にイトヒキアジ幼魚も登場
綺麗な糸を引いていましたが、一瞬だったので
見るだけ・・・
アオリイカもバンバン産卵していて、真っ盛り

先日、産み付けられたクマノミの卵
もう、ベービーの目が光り、ハッチアウト寸前

クマノミ卵・ハッチアウト寸前
クマノミ卵・ハッチアウト寸前

キタマクラの群れの中にツマジロモンガラ幼魚が
混じっていますが、見た目はそっくり
自分もフグだと思ってる?

ツマジロモンガラ幼魚とキタマクラ
ツマジロモンガラ幼魚とキタマクラ

愛知から行くダイビングポイント


2019サンセット&ナイトダイビング日程

8月14日(水)ポイント:富戸
天気:雨のち晴れ 気温:33℃ 水温:22~25℃
透明度 :10m 海洋状況:うねりあり

今日は東向きの風が吹く予報で、波が高くなるんじゃないかと
心配していましたが、全く問題なく、コンディション良好
穏やかでした。透明度も変わらず良好

ハナキンチャクフグが見られています。
色が無ければ地味なフグ・キタマクラにそっくり
体色が鮮やかになると人気の魚に変身

色鮮やかハナキンチャクフグ
色鮮やかハナキンチャクフグ

砂地にキビレミシマがいました。
目だけを出して隠れていますが、砂を掃うと不細工な顔が登場
言わば、ブサカワイ系ですかね!?

典型的な不細工魚・キビレミシマ
典型的な不細工魚・キビレミシマ

台風前にも関わらず、快晴、真夏日、凪


2019サンセット&ナイトダイビング日程

7月27日(土)ポイント:富戸
天気:曇りのち晴れ 気温:32℃ 水温:22~23℃
透明度 :10~13m 海洋状況:良好

台風が来ているとは思えない快晴
その上、大変穏やかなコンディションで透明度も良好
気温もぐんぐん上がり真夏日、最高でした。

富戸ヨコバマ・フラットな水面
富戸ヨコバマ・フラットな水面

富戸ヨコバマでアオリイカ産卵絶好調
カメラを向けても逃げることなく、数十センチまで接近

黒潮に乗って流れ着いたハタタテハゼのペアも居ました。
背鰭をピンピン振って、可愛いですね。

遠目から証拠写真程度・ハタテテハゼ
遠目から証拠写真程度・ハタテテハゼ

台風前にも関わらず、のんびりと快適に潜れた幸せな一日でした。