タグ別アーカイブ: 東京から日帰りダイビング、初心者歓迎

コンディション回復、良好、快晴


2018年ドライスーツレンタル無料キャンペーン中!!
寒い冬もぬくぬくドライスーツで快適に、、、

野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムツアー

3月2日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:17℃ 水温:14~15℃
透明度:12~20m  海況:良好

昨日は爆弾低気圧通過の為、大荒れのコンディションでしたが
吹き続ける強い南西風の影響で、波は打ち消され
穏やかになりました。
浅場は揺れの為、やや白っぽいですが
少し水深を落とすとクリアな水が広がり、かなり綺麗です。

今日は2の根付近を中心に潜ってきましたが
水温が下がっている冬の生物と言えば、
色々と考えられますが、カエルアンコウの中でも
大型種のソウシカエルアンコウが見られるのが冬
大きな個体になると、サッカーボールほどの大きさの
個体もいて、大きさに驚かれるゲストも多いのですが
今日、見た個体は体長20cm程のまだ小さな子でした。

岩に擬態、ソウシカエルアンコウ
岩に擬態、ソウシカエルアンコウ

岩に擬態して分かりにくいですが、ど真ん中に口を開けて
正面顔で、口は半開き、探して見て下さい。

そして、低水温域に群れているオキノスジエビ
今日も絨毯の様に、敷き詰められている姿が
観察出来ました。

一面、オキノスジエビ群れ
一面、オキノスジエビ群れ
1匹をじっくりと観察してみると綺麗なオキノスジエビ
1匹をじっくりと観察してみると綺麗なオキノスジエビ

イイジマフクロウニに住むゼブラガ二
自分の居住空間を広げるため、ウニのトゲを刈り
ウニは丸裸、ほんと迷惑なカ二です。

縞模様で擬態、ゼブラガ二
縞模様で擬態、ゼブラガ二

中層を泳いでいるとキビナゴ、タカベの混成の群れと遭遇

太陽光に反射してキラキラ光る群れ、癒されますね!
太陽光に反射してキラキラ光る群れ、癒されますね!