ジャーマンチャネルにて

パラオツアー報告PART2


初日は曇りで始まったパラオダイビング
今回もサービスはディドリームさんにお願いしました。
ホテルに迎いに来られたスタッフはサキさん
ドレッドヘアーで肌も黒く、見た目はローカル人
英語で話しかけていいのか、日本語で話したほうがいいのか?
一瞬、考えましたが、もちろん日本人で
初対面ながら、和ませてくれます。

ボートは我々だけで貸し切り
初日ながらジャーマンチャネルに潜ってみると
マンタが目の前に6枚が出現
捕食行動中で、何度も何度も目の前でぐるぐる回ります。

普通は、この光景にテンションが上がるはずですが
リアクションの少ない、中年男6人だけに
ボートに上がっても、ノーリアクション
マンタの話題に触れる事無もなく終了

後日談ながら、ガイドのサキさんは
ノーリアクションに戸惑いを感じたそうです。

ジャーマンチャネルにて
ジャーマンチャネルにて

エキジット後、雨が降り出し
船で走っていると、顔に雨が当たり
滝修行の様でした。

翌日から天気は回復
ピーカンの暑い、暑いパラオが楽しめました。

ブールコーナーで群れに巻かれ
サメも多く、ひとなっこいナポレオンに出会い

ガンガン来ます!ナポレオン
ガンガン来ます!ナポレオン

ブルーホールで地形を楽しみ

ブルーホールにて
ブルーホールにて

移動中はイルカも登場

充実の海が楽しめました。