在来種・ベニカエルアンコウ

伊豆在来種ベニカエルアンコウ


※ドライスーツレンタル無料キャンペーン実施中!
開催期間2020年4月末日まで

在来種(ざいらいしゅ、native species)とは、
ある地域に古くから存在する生物種
(下位区分である亜種、品種なども含む)やその系統を指す。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』引用

伊豆の在来種
以前の名前はベニイザリウオ
差別用語にあたると改名してベニカエルアンコウ
以前は個体数が多く、カイメンに張り付き
見易い場所で、すぐに見つかったけど
今や極端に個体数が減り、見つかる事が珍しく
なってきました。
見つかったとしても、カイメンの下とか
見えないように隠れていて
見つからないように学習しているように思える。
死滅回遊魚の熱帯の海に暮らす
カエルアンコウ種に比べると体色が地味で人気薄

暮らしていた生活環境が変化したので、
生活場所を移した思うけど、どこに行ったのか?
年々、生物分布が変わってきているようです。

在来種・ベニカエルアンコウ
在来種・ベニカエルアンコウ