タグ別アーカイブ: 伊豆

初の体験ダイビングは緊張と感動が共存!


中部方面から来店頂いたMさんご夫婦
晴れたり、バケツをひっくりかえしたような短時間の豪雨を
体験したり、初めてのダイビングは驚きの連続でした。
コンディションは穏やかでしたが、春濁りの真っ只中

どきどき、わくわく、初のダイビングは期待と緊張で
初めは慣れず、過呼吸状態で息苦しさも感じたそうですが
段々に慣れ、後半は楽しんでもらえ、楽しかった~のコメント

インストラクターとしては一安心!
是非、次回は本当の綺麗な伊豆の海をご紹介したいです。
また、お待ちしています。
ありがとうございました。

初の体験ダイビングは緊張と感動!
初の体験ダイビングは緊張と感動!
初のダイビングMさんご夫婦
初のダイビングMさんご夫婦

緊急事態宣言解除


静岡の緊急事態宣言は解除されましたが、
お客様受け入れのガイドラインを熟考した上で
対応出来る体制が出来るまで自粛休業しようと思っています。

皆様をお迎えする日も近いと思われます。
すでに準備万端、体力、気力共に充電完了!
入り口の階段にハイビスカス描いてみました〜
何でも暗いのは嫌なので、
当店にお越し頂いたお客様が
一番に目にするところに
鮮やかなハイビスカスです。
さぁ〜
明るく行きますよ〜🤗

今しばらくお待ち下さい。

階段に咲くハイビスカス
階段に咲くハイビスカス

ブンブンブン・ハチが飛ぶ


※冬季限定レンタル無料キャンペーン実施中!
開催期間2020年3月末日まで

お店の近くでミツバチの蜜集め
お店の近くでミツバチの蜜集め

お店の近くにある菜の花畑
満開に花が咲き、一面黄色
畑に近寄るとぶんぶんとミツバチの
ホバーリングする回転数の多い羽音

聞いていると、ゆっくり飛ぶ音、
花から花に移る音、ホバーリングする音は
それぞれに違う

今やミツバチが蜜を集める光景が少なくなっているだけに
じっくりと観察してみると、なかなか面白い!

畑に入ると、飛んできて頭に乗る
単純に可愛いと思えるミツバチ

ニホンミツバチが集まる菜の花畑
大切に守りたい、今や失われつつある
日本古来の風景なのかもしれませんね、、、

ミツバチの蜜集め
ミツバチの蜜集め

ピカチュウ、、、ウミウシ、、、


※冬季限定レンタル無料キャンペーン実施中!
開催期間2020年3月末日まで

誰が付けたか知りませんが
愛称はピカチュウウミウシ
まさにピカチュウそっくりなウミウシ
正式名はウデフリツノザヤウミウシ
ポケモンの中でも人気が高いピカチュウ
ピカチュウウミウシもダイバーの中で人気が高く
ウミウシ好きなダイバーなら一度は見てみたいウミウシ
フジタウミウシ科に属するウミウシ
学名は「Thecacera pacifica」
「Pikachu nudibranch」という名前で世界的に知れています。
ポケモンのピカチュウも世界的に有名ですが、
ウデフリツノザヤウミウシも世界的に有名
今、見られているので、興味ある方は是非お越し下さい。

ピカチュウウミウシことウデフリツノザヤウミウシ
ピカチュウウミウシことウデフリツノザヤウミウシ

リクエストダイビング募集中!


※冬季限定レンタル無料キャンペーン実施中!
開催期間2020年3月末日まで

リクエストツアー開催中
伊豆全域にリクエストを受け付けてます。
2月9日(日)熱海
2月16日(日)初島
上記日程が決定していますが
他の日程でも随時募集していますので
リクエストお待ちしています。

リクエストダイビング募集中
リクエストダイビング募集中

2020クマノミの産卵


※ドライスーツレンタル無料キャンペーン実施中!
開催期間2020年4月末日まで

伊豆で産卵を繰り返すクマノミ
以前は死滅回遊魚に定義されるクマノミの産卵は
考えられなったですが、近年の海水温上昇で
クマノミの産卵が伊豆で見られるようになり
死滅回遊魚に属するのか、微妙になってきました。

神奈川県立生命の星・地球博物館(小田原市)
企画普及課長(学芸員)瀬能宏氏の解説では
黒潮の流れ方から考えると沖縄から直接来る魚は少なく
第一段階で、沖縄などから四国などに
流れ着いた魚が現地で産卵、成長し
次に紀伊半島、伊豆半島と順に流れてきているのでは
ないかと説明している。

毎年、水温上昇の時期によって産卵時期、
回数に差はあるものの、初夏から秋口まで繰り返される
クマノミの産卵は伊豆の風物詩となっています。

卵を守るクマノミ
卵を守るクマノミ

死滅回遊魚トサヤッコ♂♀


※ドライスーツレンタル無料キャンペーン実施中!
開催期間2020年4月末日まで

魚、生物を毎日見ていると
色々な生態が見えてきたり、感じたり
毎年の傾向も見えてくる。
環境の変化もあるだろうし、潮流、水温も
毎年変わり、生物達の生活環境が変わるので
今まで見られていた生物が居なくなったり
見れていなかった生物が新しく登場したりで
死滅回遊魚などのレアな生物だけでなく、
長年、伊豆の在来種を観察、水温変化などを記録
今やストックしたデーターが大切な財産
もう10年以上前になりますが、某有名番組に
日本近海・海水温の上昇、変化した魚の生態を
水中リポーターとして出演
水温上昇で、今そこにある危機を熱く語りましたが
バッサリカット(涙)

沖縄・南西諸島で10年ガイド
伊豆で20年以上ガイド
この経験とデーターも大切な財産

今回紹介のトサヤッコ♀
特別、珍しい魚ではないけど
見掛ける事が少ないのは
住んでいる水深が30m以深と深いから

沖縄と伊豆で見られるのもこの水深
しかし、八丈島では水深15m付近で
個体数多く普通に見れた。
場所によって見らえる水深が違うところも
興味深い

伊豆で♀は見掛けるけど、♂は見た事が無い
タテジマヤッコ属のトサヤッコは
♀から♂に性転換する魚として有名
でも全部が全部、性転換するわけでもなく
♂が作ったハーレムで、♂が死んでしまうと
♀の中で強い♀が性転換すると言われていますが
♂になってもさらに強い♂が登場すると
♀に逆戻りする種の生態も報告されていて
生物の生態は興味が尽きない。
話はそれましたが、トサヤッコの卵が孵化し
♀で成長し、成長する段階で、水温が下がり
ハーレムを作れず、♂になる前に、
死滅してしまうから♂が見れないのではないかと
思っております。
今後、現場のガイドが集まり
自分達の集めたデーターと学者の方の研究
データーを照らし合わせてみると、
さらに新しい発見があるのかもしれませんね。

伊豆海洋公園で見られているトサヤッコ♀
伊豆海洋公園で見られているトサヤッコ♀

Merry Christmas


※ドライスーツレンタル無料キャンペーン実施中!
開催期間2020年4月末日まで

ドライスーツ・レンタル無料キャンペーン中
ドライスーツ・レンタル無料キャンペーン中

Merry Christmas
皆様、楽しいクリスマスをお過ごしください。
沢山の幸せが皆様の手元に届きますように、、、

伊豆海洋公園にてMerry Christmas
伊豆海洋公園にてMerry Christmas

最高の透明度で、伊豆海洋公園ファン女子会


昨日は男子が個々に集まり、体験ダイビング男祭りでしたが
今日は女子が個々に集まり女子会ファンダイビングでした。

最高の天気と透明度でしたが
残念なのは、風波が立ちザバザバ
しかし、強い女子達はもろともせず
ガンガン行き、思いっきり楽しみました。

昨日は男子のみ
今日は女子のみ

偶然とは言え、面白いものです。

伊豆海洋公園・女子会
伊豆海洋公園・女子会