タグ別アーカイブ: ダイビングサービス

7月4日(日)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


熱海での土石流
被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げますと
もに、1日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

7月4日(日)ポイント:伊豆海洋公園
天気:雨 気温:24℃ 水温:22~23℃
透明度:10~13m 海洋状況:波弱

熱海からの道路が通行止めになり、
断続的に降る雨、電車運行も心配されるためのなのか?
穏やかなコンディションにも関わらずダイバーはまばら
少し波はありましたが、ほぼ凪
透明度も良好で水温は高く、快適なダイビングが楽しめました。

こいつが来た~
大接近で、ガンガン来る、、、
突如、後ろから来るからドキッとする。
大迫力!!

安定して、見れるようになってます。
ジャパニーズ・ピグミー・シーホース
今日は誰も探す、見る人いなかったので、
動くことなく、じっくりと見れました。

イソギンチャクモエビ
タマイタダキイソギンチャクの中で悠々自適に見える

普段は見られる事のない岩礁域の砂だまりの中で
大きなカスザメが鎮座

主のコブダイ・大迫力の顔
主のコブダイ・大迫力の顔
ジャパニーズ・ピグミー・シーホース
ジャパニーズ・ピグミー・シーホース
イソギンチャクモエビ
イソギンチャクモエビ
カスザメ
カスザメ

6月24日(木)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


6月24日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇りのち晴れ 気温:26℃ 水温:20~21℃
透明度:10~15m 海洋状況:良好

穏やかなコンディションで、透明度も良好
水温も高く、魚群も増えて、
水中は華やかになってきました。

シコクスズメダイ幼魚とアマミスズメダイ幼魚
そっくりな見た目だけど、
アマミスズメダイ、もっと小さなステージでは
真っ黒な体色、光る青の縁取りだけど
成長し、成魚に近づくと模様が変わり
シコクスズメダイ幼魚そっくりになる。

シコクスズメダイ幼魚にも光る青い縁取りが
見える、今、見られているこの2種を見比べて
みても面白い、、、

敵から身を守るため、
イソギンチャクの下に住むマルガザミ
昨年よりも随分と大きくなっていたのでビックリ!

砂の中に隠れる為、背びれ、尾ひれをたたむカスザメ
砂に隠れ、他の魚を一撃必殺で捕食
ヒレを少し持ちあがてみた、、、

クマノミの産卵も始まっています。
さぁ、今年は何回産卵する事でしょう?

浅場ではカエルウオが元気よく、泳ぎ回っていますが
穏やかなコンディション限定でしか見られないので
今がチャンス!

黒×白+青の縁取り・シコクスズメダイ幼魚
黒×白+青の縁取り・シコクスズメダイ幼魚
黒×白+青=アマミスズメダイ幼魚
黒×白+青=アマミスズメダイ幼魚
イソギンチャクの下が住家・マルガザミ
イソギンチャクの下が住家・マルガザミ
カスザメの尾ひれを持ち上げてみた、、、
カスザメの尾ひれを持ち上げてみた、、、
クマノミ産卵始まる
クマノミ産卵始まる
産卵間近・カエルウオ
産卵間近・カエルウオ

6月21日(月)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


6月21日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇りのち晴れ 気温:28℃ 水温:20~21℃
透明度:10~15m 海洋状況:良好

穏やかなコンディションで、透明度も良好
水温も上がり、本格的なダイビングシーズンの到来ですね!

黒潮接近で水温が上がり、多くの死滅回遊魚を黒潮が
運んできてくれ、一気に水中が華やかになるシーズン
ミナミハコフグ幼魚が登場!
体長1cmの小さな個体が岩の亀裂の中をフラフラと
泳ぎ、可愛い姿を見せてくれています。

やや深場の30m付近でインターネットウミウシが
見れました。
本州のウミウシ図鑑では30〜40mで
やや普通に見られる、、、とあるけれど
30mを越えて潜る事が稀なので、
たまにしか見ないのかもしれない!?

幼魚達も増え、クマノミ幼魚はイソギンチャクの中で
可愛い姿が見れています。

今年も登場・ミナミハコフグ幼魚
今年も登場・ミナミハコフグ幼魚
放射線状に伸びる模様が特徴的なインターネットウミウシ
放射線状に伸びる模様が特徴的なインターネットウミウシ
イソギンチャクの中でクマノミ幼魚
イソギンチャクの中でクマノミ幼魚

穏やかなコンディションで晴天


※ドライスーツレンタル無料キャンペーン実施中!
開催期間2020年4月末日まで

4月10日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:20℃ 水温:15~16℃
透明度:10m 海洋状況:良好

今日の伊豆でのダイビングポイントは伊豆海洋公園でした。
天気も良く、コンディションは穏やかで
透明度は良いとは言えず、少し白っぽいですがまずまず

今日はブリマチ方面へ
透き通るような白のスナイソギンチャクに
ハクセンアカホシカクレエビ
イソギンチャクの中でダンスの様に体を左右に揺らせてます。
白の綺麗なスナイソギンチャクと透明なハクセンアカホシカクレエビ
写真映え~

ハクセンアカホシカクレエビ
ハクセンアカホシカクレエビ

アカシマシラヒゲエビのペア
ウツボと一緒に暮らし、口の中に入り掃除している様子も
観察でき、このエビも体を揺らし、まるで踊っているようで
鮮やかな赤い体色と、白ひげのコントラストが綺麗です。

アカシマシラヒゲエビとウツボ
アカシマシラヒゲエビとウツボ

コンディション良好!


※ドライスーツレンタル無料キャンペーン実施中!
開催期間2020年4月末日まで

1月22日(火)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇りのち晴れ 気温:10℃ 水温:17~18℃
透明度 :15~20m 海洋状況:良好

今日の伊豆海洋公園は少し水面に
ざわつきはありましたが通常オープン
良好なコンディションで、透明度も良好

遭遇率が高くなっているアオウミガメ
それも近くで、浅い場所
まだ見ていない方は、出会うチャンス
今日も岩陰で休んでいるところに出会えました。

小さなアオウミガメ岩壁で休憩中
小さなアオウミガメ岩壁で休憩中

今年は例年より水温が高く
ナガハナダイの婚姻時期が早くなっているようで
例年より深めの水深、オスの婚姻色バリバリの
個体が元気よくメスにアピールしている様子が
観察できました。

ナガハナダイのオス婚姻色
ナガハナダイのオス婚姻色

ベニシボリガイの産卵も送り出しの入り江で
見られています。
やはり例年より早い産卵ですね~
水温の高さが生物の生態に影響がみられます。

体長1cm未満ベニシボリガイ
体長1cm未満ベニシボリガイ