カテゴリー別アーカイブ: ダイビングコンディション

湖のようなコンディション


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月14日(火)ポイント:富戸
天気:晴れ 気温:32℃ 水温:27℃
透明度 : 15m 海洋状況:良好

大変穏やかなコンディション
透明度は良く、水温も温かく、まるで沖縄の海

群れも多く、イワシ、アオリイカ、スカシテンジクダイなどなど
浅場のみのダイビングでしたが、楽しさで溢れていました。

この透明度、最高です。
この透明度、最高です。

スカシテンジクダイは大群で、浅場に群れています。

一面スカシテンジクダイの群れ
一面スカシテンジクダイの群れ

明日も富戸に潜ります。

透明度良好、コンディション良好!


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月10日(金)ポイント:八幡野
天気:晴れ 気温:31℃ 水温:26~27℃
透明度 : 10~15m : うねり弱

まだうねりの取れない伊豆海洋公園
潜水注意でオープンしましたが、穏やかな八幡野へ
行ってきました。
少し風波はありましたが、天気は晴天、水温も高く、
透明度も良好

アドバンス講習、体験ダイビング、ファンダイビングと
3グループに分かれてのダイビングでしたが
透明度が良い為、どのグループも快適に潜れました。

エントリー口にはアオリイカ、イワシの群れ
沖にはスカシテンジクダイの大群が群れ
光に照らされ綺麗でした。

スカシテンジクダイの群れ
スカシテンジクダイの群れ

台風の影響あり


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月7日(火)ポイント:平沢
天気:曇りのち晴れ 気温:29℃ 水温:25~27℃
透明度 : 5~10m  海況 : 穏やか

台風の影響で東伊豆は全域クローズとなり
今日は大変穏やかな西伊豆・平沢に行ってきました。
東伊豆の荒れっぷりが嘘のように凪
透明度は良いとは言えませんが、まずまず

平日とは言え、やはり夏
多くのダイバーで賑わっていました。

超凪、超コンディション最高!


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月5日(日)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:32℃ 水温:24~27℃
透明度 : 10~12m  海況 : 穏やか

天気良し、大変穏やかなコンディションの上に
透明度良好、水温も高く、死滅回遊魚も続々登場
楽しくないはずが無い!

ネコザメの卵も浅場で見られ、中に幼魚の姿も確認できます。

ネコザメの卵
ネコザメの卵

砂地でカワハギの産卵シーンに遭遇
砂の窪地に体を横たえ産卵
その後、胸鰭で卵を砂にまぶす行動

カワハギ産卵
カワハギ産卵

エントリーロープの周りにはアオリイカベービーが
群れになり、太陽光に照らされ綺麗です。

アオリイカベービー
アオリイカベービー

連日、好調なコンディション


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月2日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:33℃ 水温:24~27℃
透明度 : 8~12m  海況 : 穏やか

連日、晴天、猛暑日、穏やかなコンディションが続いています。
透明度も良好ですが、やや白っぽく感じます。

アオリイカの産卵、真っ盛り
台風後、産卵床が流され移動した為
産卵も控えられていたようですが、今日また再開
近くで見る事が出来ました。

アオリイカのペア
アオリイカのペア

一足先に生まれたアオリイカの子供達は
水面近くで、群れになって成長しています。

アオリイカの子供達
アオリイカの子供達

生息域が広いコロダイ
日本中部から南西諸島まで分布
沖縄でも普通に見られ、伊豆でも普通に見られる魚
体の模様が綺麗で、死滅回遊魚を連想するダイバーも多いはず。
今日はホンソメワケベラにクリーニングされている姿が観察できました。

コロダイ・クリーニング中
コロダイ・クリーニング中

台風前の静けさ、コンディション良好!


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

7月26日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温:29℃ 水温:23~26℃
透明度 : 10~13m  海況 : やや波

朝方、雨が降りましたが、すぐに止み
終日曇りで、暑さも落ち着き過ごし易い一日でした。

やや波のあるコンディシヨンでしたが
浅場の緩やかな揺れは感じましたが、まずまず良好でした。

砂地に設置された産卵床にアオリイカが産卵
日々、卵の房が増えてきました。

産み付けられたばかりアオリイカの卵
産み付けられたばかりアオリイカの卵

死滅回遊魚を代表する沖縄の県魚タカサゴ
今日はタカサゴの群れが回遊していました。

沖縄の県魚・グルクン
沖縄の県魚・グルクン

砂地にはカスザメ幼魚

カスザメ幼魚
カスザメ幼魚

明日から台風の影響が心配されます。

最高な海が広がっています。


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

7月22日(日)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:33℃ 水温:21~24℃
透明度 : 10~13m  海況 : ややうねり

若干、うねりのあるコンディションでしたが
最高に楽しい、素晴らしい海が広がっていました。

マアジ、タカベ、キビナゴの群れがガンガン回り
頭上からシャワーのように降りそそいできます。
カンパチの群れも登場
まるで、水族館の中にいる様

そして、砂地ではアオリイカの産卵が始まり
間近で見る産卵シーンはいつ見ても感動的です。
今日のゲストはアオリイカの大きさに驚かれていました。

アオリイカのペア
アオリイカのペア

アサヒガニは目だけを出して砂の中に隠れ
目が合うと、急速潜降で深く潜るので
すぐに掘り出さないと、姿を見る事ができませんが
今日は見れました。

砂地にてアサヒガニ
砂地にてアサヒガニ

1.5の根ではアオウミガメ、トビエイが見られたとの情報もあり
水中も一気に賑やかになってきました。

水温上昇、かなり温か、回遊魚も回遊


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

7月21日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:32℃ 水温:21~24℃
透明度 : 10~13m  海況 : ややうねり

少しうねりが入っていましたが、ほぼ穏やかなコンディション
透明度もまずまず良好!

送り出しにキビナゴの群れが入ってきました。
びゅんびゅん、頭上いっぱいに泳ぎ回っていました。

キビナゴの群れ
キビナゴの群れ

ウミテングも砂地にてすくすくと成長
大きくなっています。

まだまだ成長中・ウミテング
まだまだ成長中・ウミテング

水温高く、大変穏やかなコンディション


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

7月14日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:30℃ 水温:19~23℃
透明度 : 10~15m  海況 : 良好

今日も大変穏やかなコンディション、湖のような水面でした。
水温も高く、透明度も良好、午後になり少し冷たい潮が上がって
きましたが温か、快適水温です。

ムチヤギをホストとするイボイソバナガニ

「海の甲殻類」図鑑によると、
「額角は先端でふたつに分かれ、長さは雌雄で異なり雄は甲の3分の2ほどまで伸長するが、雌は短い」
今、伊豆海洋公園では雄、雌が観察できています。

イボイソバナガニ・オス
イボイソバナガニ・オス
イボイソバナガニ・メス
イボイソバナガニ・メス

同じムチヤギをホストとするガラスハゼも見る事が出来ました。

ガラスハゼ
ガラスハゼ

今日も、おもいっきり楽しいダイビングが出来ました。

セダカスズメダイ産卵始まる。


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

7月8日(日)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:30℃ 水温:19~22℃
透明度 : 5~8m  海況 : 良好

大変穏やかなコンディション、天気も良く真夏日
しかし、透明度がかなりダウンしてしまいました。

砂地で見られているウミテング
少しづつ移動していましたが、今日も見る事が出来ました。

ウミテング
ウミテング

アオリイカの卵、卵の中でベービーの形が見え始めました。

卵の中でうっすらと見えるベービー
卵の中でうっすらと見えるベービー

毎年、同じ場所で産卵するセダカスズメダイ
卵を守る姿が観察できました。

卵を守るセダカスズメダイ
卵を守るセダカスズメダイ