カテゴリー別アーカイブ: ダイビングサービス

風強く、八幡野へ


※初開催!伊豆海洋公園 水中ロゲイニング参加者大募集!

11月14日(水)ポイント:八幡野
天気:曇りのち晴れ 気温17℃ 水温:21~22℃
透明度 : 12~15m 海洋状況:うねり弱

北東からの風が強く吹き、伊豆海洋公園はクローズ
穏やかな八幡野へ行きましたが、ややうねりあり
浅場は揺れていました。

エントリーしてすぐに、アオリイカ、ムロアジ、
アカカマスの群れが混在して見れました。

アカカマス
アカカマス

沖に少し出ると死滅回遊魚ミツボシクロスズメダイが
クマノミの根にて、まだまだ元気よく泳ぎまっています。

クマノミの根にて
クマノミの根にて

昨日、伊豆海洋公園で紹介した、
ちょっと茶色ぽいナマコマルガザミ
今日は個体数として多い、白に黒の水玉模様の個体が
見れました。

ナマコマルガザミ
ナマコマルガザミ

ムチヤギを住家とするガラスハゼ
2匹が並んで見られましたが、1匹は背びれにバネ状の寄生虫を
付けていました。

背鰭に寄生虫を付けたガラスハゼ
背鰭に寄生虫を付けたガラスハゼ

沖縄では岩礁域に群れで普通に見られるアカモンガラ
八幡野で幼魚が見られています。
幼魚はブルーの体色が綺麗ですね。

アカモンガラ幼魚
アカモンガラ幼魚

明日も北東の風が強く吹く予報なので
コンディションが心配されます。

午前中、透明度抜群!午後やや濁り


※初開催!伊豆海洋公園 水中ロゲイニング参加者大募集!

11月9日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇りのち雨 気温20℃ 水温:21~22℃
透明度 : 13~20m 海洋状況:やや波あり

午後から雨がしっかり降る予報
午前中は薄日が差していましたが、やはり予報どおり
午後になりしっかりと雨が降り始めました。
コンディションも低気圧接近と共に波のサイズがアップ
ばしゃばしゃし始めました。
透明度も午前中は良かったものの午後はダウン

ミスガイの季節はずれの産卵
産卵は春先なはずなのに、卵が産み付けられていました。
この時期に産み付けられているのを初めて見ました。
そして、卵の下には親貝も見る事が出来ました。

砂の上に産み付けられたミスガイ卵塊
砂の上に産み付けられたミスガイ卵塊
砂の中にミスガイ
砂の中にミスガイ

コブダイがかなり接近
今日のゲストの方々は、、、恐そう!との感想でした。

大接近、コブダイ
大接近、コブダイ

明日は晴れ、西風予報なので、コンディションの回復が
期待できます。

ハタのないハタタテハゼ


※初開催!伊豆海洋公園 水中ロゲイニング参加者大募集!

11月3日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇りのち晴れ 気温17℃ 水温:21~22℃
透明度 : 8~10m 海洋状況:波弱

少しざぶついたコンディションでしたが
問題なく、良好でした。
透明度はやや濁りはありましたが、まずまずな感じ
なんとも表現しがたい透明度ではあります。

ハタの無いハタタテハゼ
つまり背びれの無いハタタテハゼ
背びれが無いと、なにやらハタタテハゼらしくない。
まぁ、可愛いですが、、、

ハタタテハゼ
ハタタテハゼ

ホタテウミヘビは砂から顔を出し
見た目は恐そうですが、意外に可愛い奴
頭触らせてくれます。

ホタテウミヘビ
ホタテウミヘビ

久々、穏やかにオープン、伊豆海洋公園


10月28日(日)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温24℃ 水温:22~23℃
透明度 : 10m 海洋状況:うねり弱

やっとオープンした伊豆海洋公園
穏やかになりましたが、透明度は白っぽく
やや濁っていました。

久々に潜る海洋公園は新鮮で
やっぱり、わくわくして楽しい、、、

水温が徐々に下がってきているので、深場から
砂地の我々の目につく場所にカスザメが上がってきました。

カスザメ
カスザメ

送り出しの入り江で成長している
サザナミヤッコ幼魚も長いクローズを経て健在でした。

サザナミヤッコ幼魚
サザナミヤッコ幼魚

長いクローズの間、確実に成長をつづけている
死滅回遊魚です。

北東からの風ざぶざぶ


野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムツアー

10月5日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温22℃ 水温:23~25℃
透明度 : 10~12m 海洋状況:潜水注意

北東からの風が吹いた為、ややざぶついたコンディションで
潜水注意でした。
透明度も変わらず、まずまずな感じです。

送り出しの入り江にて見られている魚達
狭いエリアの送り出しの入り江ですが
意外に多種多彩で生物が観察できます。
岩の亀裂の隙間はノコギリヨウジのクリーニングステーション
ウツボ、タカノハダイ、アオブダイなどなど
多種多彩な生物のクリーニングしている姿が観察できます。

ノコギリヨウジ
ノコギリヨウジ

個人的に好きな魚、マダラトラギス
トラギスに比べると個体数が少なく、白と黒のパンダカラー
シンプルながら意外に目立ちます。

マダラトラギス
マダラトラギス