カテゴリー別アーカイブ: ダイビングショップ

良い海です、、、


ドライスーツ無料レンタルキャンペーン開始
クリスマスイベント・インフォメーション

12月8日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温18℃ 水温:20~21℃
透明度 : 15m 海洋状況:風波あり

風が吹き込み、少し波のあるコンディションでしたが
まずまず良好、透明度も変わらず良好

カミソリウオのペアも健在
波の揺れに身を任せゆらゆら

カミソリウオのペア
カミソリウオのペア

人気の定番になっているサザナミヤッコ幼魚
確実に大きくなり、色鮮やか綺麗になりました。

サザナミヤッコ幼魚
サザナミヤッコ幼魚

タテジマキンチャクダイ幼魚もまだまだ元気いっぱいです。

タテジマキンチャクダイ幼魚
タテジマキンチャクダイ幼魚

透明度良好さをキープ


※初開催!伊豆海洋公園 水中ロゲイニング参加者大募集!

11月29日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温14℃ 水温:20~21℃
透明度 : 15~20m 海洋状況:風波あり

北東から風が吹き、やや肌寒い一日でした。
水面が少しざわついたコンディション
昨日に比べると、透明度が少し下がりましたが良好

同じ穴にベンケイハゼとマツカサウオ幼魚、
サザナミヤッコ幼魚が住み着き、
3魚が重なり合ったショットが撮れました。
一番後ろにベンケイハゼ、真ん中に黄金色マツカサウオ幼魚
こちらを向いておるのがサザナミヤッコ幼魚
少し分かりにくいですが、探してみてください。

3魚重なった珍しいショット
3魚重なった珍しいショット

撮影会なさながら、昨日入ったばかりのクリスマスツリーの前で
サンタの衣装を着て記念撮影でした。

ツリー前にて
ツリー前にて

グッドコンディションキープ


※初開催!伊豆海洋公園 水中ロゲイニング参加者大募集!

11月24日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温11℃ 水温:21~22℃
透明度 : 15~20m 海洋状況:風波あり

やや波のあるザブザブしたコンディションでしたが
透明度は変わらず良好さをキープ

徐々に水温が下がりつつありますが、まだまだ豊富な生物が
観察できています。
そして、秋から冬にかけて見られる生物が登場してきました。
近年、人気の高くなってきているウミウシ
毎年、砂地に登場するセスジミノウミウシ
ピンクの体が綺麗で人気のウミウシ

セスジミノウミウシ
セスジミノウミウシ

キビナゴは変わらず、大群で観察できています。
頭上を覆いつくす大群は迫力あり!

キビナゴ大群
キビナゴ大群

コンディション安定して良好!


※初開催!伊豆海洋公園 水中ロゲイニング参加者大募集!

11月19日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温17℃ 水温:20~21℃
透明度 : 15~20m 海洋状況:風波弱

風波があり、水面は少しざわついていましたが水中は穏やか
透明度も良好でコンディションは安定しています。

10円玉大のマツカサウオ幼魚
幼魚の時は黄金色に輝き綺麗ですね。
岩の下の暗い場所を住処としフラフラと泳いでいます。

マツカサウオ幼魚
マツカサウオ幼魚

アミメハギ幼魚はゆらゆら揺れる水中で海草をくわえ
体を固定している姿が観察できました。

アミメハギ幼魚
アミメハギ幼魚

少しづつウミウシも登場して来ましたが
今日は純白の綺麗な体色サクラミノウミウシを
見る事が出来ました。
ガーベラミノウミウシに極似ですが
ガーベラミノウミウシに比べて、
背中のミノが透けて尖っているところ
こんな見分け方を覚えていると、ちょっと自慢になるかも!?

サクラミノウミウシ
サクラミノウミウシ

曇りですが、水中は明るく、コンディション上々


※初開催!伊豆海洋公園 水中ロゲイニング参加者大募集!

11月18日(日)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温17℃ 水温:20~21℃
透明度 : 13~20m 海洋状況:良好

少し風が吹き、水面にざわつきがありましたが
ほぼ穏やかなコンディション
透明度も変わらず、良好でした。

キビナゴの群れが日々、數を増し大群になっています。
その群れの大きさから、視界が悪くなるほどです。
1ダイブ目はブリマチの根、2ダイブ目は2の根
足を延し、キンギョハナダイ、サクラダイなど、
大群で乱舞している様子をみてきました。
近場に熱帯域、亜熱帯域の海を彩っている生物の姿が
多く観察できています。

まだ幼魚で、成魚の鮮やかな色合いは出ていませんが
淡いブルーと黄色の体色が綺麗なウメイロモドキ幼魚

ウメイロモドキ
ウメイロモドキ

テングチョウチョウウオも目を引きます。

テングチョウチョウウオ
テングチョウチョウウオ

送り出しの入り江で成長が楽しめるサザナミヤッコ幼魚

サザナミヤッコ幼魚
サザナミヤッコ幼魚

まだまだ色鮮やかな熱帯域の生物が多く観察できています。

荒れたコンディションから穏やかに


※初開催!伊豆海洋公園 水中ロゲイニング参加者大募集!

11月10日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇りのち晴れ 気温24℃ 水温:21~22℃
透明度 : 13~15m 海洋状況:やや波あり

オープン時間は穏やかだったのですが
干潮に近づくほど、波が高くなりザバザバ
しかし、潮が満ちてくると、また穏やかになり
ころころと変わるコンディションでした。

今日は浅場で観察できる生物をじっくりと観察出来ました。
体色の鮮やかなミヤコキセンスズメダイ幼魚
幼魚の頃は人気の魚ですが、大きくなると色がくすんできて
人気ダウン!

人気のミヤコキセンスズメダイ幼魚
人気のミヤコキセンスズメダイ幼魚

カンムリベラ幼魚は日々、大きく成長し体色、
模様が変わって来ています。

カンムリベラ幼魚
カンムリベラ幼魚

アカハチハゼの可愛い姿が観察でき
浅場だけでも十分、楽しめるダイビングが出来ています。

アカハチハゼ
アカハチハゼ

ややザバザバでしたが、透明度良好


※初開催!伊豆海洋公園 水中ロゲイニング参加者大募集!

11月7日(水)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温22℃ 水温:21~22℃
透明度 : 10~12m 海洋状況:やや波あり

風が吹いた為、やや波が立ちましたが
風波程度で問題なく楽しめました。
透明度も良好です。

同じ死滅回遊魚、キンチャクダイ科の仲間で
黒潮の流れと共に伊豆にやってくるのに、
毎年サザナミヤッコ幼魚は個体数が多いのに、
タテジマキンチャクダイ幼魚の個体数は少ないのはなぜなのか?
成魚の個体数は大きく変わらないはずなのに、、、

送り出しの入り江で観察できている
サザナミヤッコ幼魚も個体数が多く、
少しづつ大きく成長し、人慣れしてきたのか、、、
穴の奥から出てきて、ふらふらと泳ぎまわって
可愛くなっています。

成長を続けるサザナミヤッコ幼魚
成長を続けるサザナミヤッコ幼魚
タテジマキンチャクダイ幼魚、只今成長中
タテジマキンチャクダイ幼魚、只今成長中

伊豆在来魚・ヤマドリ
数年前まで、個体数が多かったのですが
最近は見る事が少なくなってきました。
今日は小さな幼魚が少し動いては、背ビレを立て
また移動、そのしぐさが可愛いかったですね。

ヤマドリ幼魚
ヤマドリ幼魚

楽しい海が広がっています。


※初開催!伊豆海洋公園 水中ロゲイニング参加者大募集!

11月5日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇りのち晴れ 気温20℃ 水温:21~22℃
透明度 : 10m 海洋状況:波弱

雲の多い天気でしたが、午後になり晴れ間が広がり
気温も上昇、寒い朝から暖かな陽気の午後
東向きの風で、やや波がありましたが
波に力なく楽々エントリーでした。

今、伊豆海洋公園、一番の注目生物
極小クマドリカエルアンコウ幼魚
指の大きさから比べてみると小ささが分かります。
このくらいの大きさが登場するのは稀
その可愛さが心を引き付けます。

極小クマドリカエルアンコウ幼魚
極小クマドリカエルアンコウ幼魚

見ていると、大きく口を開けアクビ
またまた可愛さ炸裂!

クマドリカエルアンコウ・アクビ
クマドリカエルアンコウ・アクビ

ウツボの頭の上にクリアクリーナーシュリンプ

只今、クリーニング中
只今、クリーニング中

カンムリベラ幼魚もすくすくと成長中

カンムリベラ幼魚
カンムリベラ幼魚

浅場の人気魚・アカハチハゼ
最近は人馴れして、巣穴に引っ込まず、良い子です。

浅場のアイドル・アカハチハゼ
浅場のアイドル・アカハチハゼ

カエルアンコウ3種盛り


10月24日(水)ポイント:八幡野
天気:晴れ 気温:21℃ 水温:23~24℃
透明度 : 15~20m 海洋状況:うねり弱

今日も海洋公園はクローズ
でも、八幡野が生物多くて楽しいので、
それは、それで、良しとしよう!
なので、今日も穏やかな八幡野へ
ややうねりはありましたが、透明度抜群
クリアな水が広がり綺麗でした。

カエルアンコウ3種類が観察できています。
クマドリカエルアンコウ幼魚
イロカエルアンコウ
ベニカエルアンコウ
特に人気なのは久々登場したクマドリ
何度、見ても可愛いくて、ガラス細工の置物のよう

超人気・クマドリカエルアンコウ幼魚
超人気・クマドリカエルアンコウ幼魚

丸々として可愛い表情を見せてくれる
イロカエルアンコウ
こちらも鉄板の可愛さに間違いない!

イロカエルアンコウ
イロカエルアンコウ

他のカエルアンコウが出る前までは
人気が高かったのですが、今や人気を
クマドリ、イロに持っていかれ人気急速ダウン
しかし、地味に人気なベニカエルアンコウです。

伊豆の在来種・ベニカエルアンコウ
伊豆の在来種・ベニカエルアンコウ

タテジマキンチャクダイ幼魚も大きく成長
模様がはっきりし、体色も鮮やかになりました。

色鮮やか、タテジマキンチャクダイ幼魚
色鮮やか、タテジマキンチャクダイ幼魚

マダラタルミは、まるでパンダカラー
大きな尾ひれをフリフリ、泳ぎ回っていました。
こちらも人気が高い魚です。

マダラタルミ幼魚
マダラタルミ幼魚

他にもフリソデエビ、カミソリウオもでていて
これだけレアな生物がいると、時間とエアーが
足らなくなってしまいます。

今日も八幡野


10月23日(火)ポイント:八幡野
天気:曇り 気温:21℃ 水温:23~24℃
透明度 : 15~20m 海洋状況:うねり弱

今日もクローズの伊豆海洋公園を横目に
穏やかな八幡野へ
透明度も良く、最高でした。
ファン、体験の2グループに分かれ潜りました。
体験で潜った浅場にもムロアジ、アオリイカが群れ
初のダイビングは充実していたようです。
他にも見られた生物はこちら

ドット柄・イロカエルアンコウ
ドット柄・イロカエルアンコウ
ハナタツ
ハナタツ

Photo by Mr.MATSUZAKI