カテゴリー別アーカイブ: ダイビングショップ

潜水注意でオープン!


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月18日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:30℃ 水温:22~25℃
透明度 : 8~12m 海洋状況:うねりあり

暑さも落ち着き、過ごしやすい一日でした。
午前中はややうねりのあるコンディションでしたが
午後には穏やかになりました。
やや濁りのある透明度、浅場の方が綺麗で深く潜ると
冷たい潮があり、濁り暗く感じます。

午前中は単独で見られていたハナタツのメスですが
午後にはオスが登場、微妙な距離でペアになっていました。

ハナタツのオス
ハナタツのオス
ハナタツのメス
ハナタツのメス

送り出しの入り江にカンパチの幼魚が入り込み回遊していました。

カンパチの群れ
カンパチの群れ

3回目の産卵となったクマノミの卵は孵化寸前
ベービー達の目が光っています。

クマノミ卵、孵化寸前
クマノミ卵、孵化寸前

快晴、過ごしやすい一日


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月16日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:31℃ 水温:24~27℃
透明度 : 15m 海洋状況:ややうねり

今日は終日プール講習でしたが
海は南西の風が強く吹いた為、ややうねりが発生
エントリー口に波が立ちましたが、エントリー口さえ
乗り越えてしまえば、問題ないとの事でした。
明日は北東の風が強く吹く予報なので、
多分、八幡野に潜る事になるでしょう。

穏やかなコンディション


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月13日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:30℃ 水温:24~27℃
透明度 : 10~15m 海洋状況:良好

潮が引いている為、午前中はエントリーしにくいのですが
大変穏やかなコンディションで、透明度も良好!

水面近くにはイワシが泳ぎ、送り出しの入り江には
カンムリベラ、ツユベラ、サザナミヤッコ幼魚が
岩の隙間をフラフラと泳ぎまわっています。

ツユベラ幼魚
ツユベラ幼魚
サザナミヤッコ幼魚
サザナミヤッコ幼魚
カンムリベラ幼魚
カンムリベラ幼魚

ネコザメの卵も観察できました。

ネジの形状・ネコザメ卵
ネジの形状・ネコザメ卵

ややうねりから穏やかに


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月12日(日)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:30℃ 水温:24~27℃
透明度 : 10~15m 海洋状況:良好

午前中は、ややうねりのあるコンディションでしたが
午後になりうねりも治まり穏やかになりました。
透明度は変わらず良好で、ブルーが綺麗です。

死滅回遊魚がぞくぞく登場
今日は久々登場のヤセアマダイを見る事が出来ました。
住家の穴周りを元気良く泳ぎまわっています。

新登場・ヤセアマダイ
新登場・ヤセアマダイ

可愛いチョウハン幼魚も岩の亀裂を住家に
落ち着き無く泳ぎ回っていました。

チョウハン幼魚
チョウハン幼魚

今日もカミソリウオのペアを観察出来ました。

今日のカミソリウオのペア
今日のカミソリウオのペア

絶好のダイビング日和&コンディション


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月11日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:33℃ 水温:24~27℃
透明度 : 10~15m 海洋状況:良好

台風の影響も無くなり、穏やかなコンディションでオープン
透明度も良好、午前中は潮が引いてややエントリーしにくかった
ですが、午後には潮もあがり、楽々エントリー

カンパチの群れが凄い!
ガンガン回っていて、目の前を通過
スカシテンジクダイの群れにアタック

(写真提供・夏海さん)

カンパチの群れ
カンパチの群れ

ガンガン回遊・捕食行動
ガンガン回遊・捕食行動

今年初カミソリウオ・メスだけの登場でしたが
台風後、ペアになっていました。

カミソリウオのペア
カミソリウオのペア

今日は夏ナイトダイビング開催日
多くのダイバーで賑わっていました。
昼はメスだけだったハナタツも夜にはペアになっていました。

ハナタツのオス
ハナタツのオス
ハナタツのメス
ハナタツのメス

やっぱり伊豆海洋公園は最高!

透明度良好、コンディション良好!


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月10日(金)ポイント:八幡野
天気:晴れ 気温:31℃ 水温:26~27℃
透明度 : 10~15m : うねり弱

まだうねりの取れない伊豆海洋公園
潜水注意でオープンしましたが、穏やかな八幡野へ
行ってきました。
少し風波はありましたが、天気は晴天、水温も高く、
透明度も良好

アドバンス講習、体験ダイビング、ファンダイビングと
3グループに分かれてのダイビングでしたが
透明度が良い為、どのグループも快適に潜れました。

エントリー口にはアオリイカ、イワシの群れ
沖にはスカシテンジクダイの大群が群れ
光に照らされ綺麗でした。

スカシテンジクダイの群れ
スカシテンジクダイの群れ

奇跡的な回復


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月9日(木)ポイント:富戸(ヨコバマ)
天気:曇りのち晴れ 気温:30℃ 水温:24~27℃
透明度 : 6~8 : 穏やか

まさか、まさかの回復
昨日夕方、海を見に行ったら波が高く大荒れで
回復には数日掛かるだろうと予測していたら
な、なんと穏やかに、、、かなりの驚き!

昨日は幹線道路R135号線も波が高く通行止め
だったにも関わらず、予想できない回復
奇跡が起こったように感じます。
海は分らないものです。

伊豆海洋公園もオープンしましたが
穏やかさが信用できず、今日は富戸にしました。

伊豆海洋公園は潮が満ちてくると波が上がりザバザバ
富戸にして正解でした。

富戸は大変静かなコンディション
アドバンス講習には最適!

講習ながら台風後の富戸は綺麗で、楽しんで講習できました。

今日も平沢ダイビングへ


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月8日(水)ポイント:平沢
天気:曇りのち晴れ 気温:29℃ 水温:25~27℃
透明度 : 5m  海況 : 穏やか

大荒れの東伊豆を横目に今日も平沢に行ってきました。
今日も平沢は穏やかなコンディション
昨日に比べると透明度は下がり、濁っていました。

しかし生物は豊富で、THEカエルアンコウはペアになり
エスカをぶんぶん振り回していました。
カエルアンコウのエスカはゴカイを真似たようです。

Theカエルアンコウ
Theカエルアンコウ

ウミテングも大きな個体が観察できました。
例年見られる伊豆海洋公園の個体より数段大きく
ウミテングらしい個体でした。

ウミテング
ウミテング

帰りに海岸線を見てきましたが、波の高さが半端無く
明日も絶望的なコンディションでした。

台風の薄っすらとしたうねり


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月6日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:32℃ 水温:21~27℃
透明度 : 8~12m  海況 : 穏やか

また台風が伊豆に向け北上中です。
穏やかだったコンディションも台風の薄っすらとした
うねりで揺れ始め、透明度もやや白っぽくダウン

台風が心配されますが、生物は豊富に見られ
レアな在来種、死滅回遊魚も多彩

今日はハナタツがペアになっていました。
時々顔を出すオス、普段はどこに隠れているのか?
ハナタツが2匹並ぶと絵になりますね。

ハナタツのペア
ハナタツのペア

カミソリウオも少し移動していましたが
無事、観察できました。

砂地にてカミソリウオ
砂地にてカミソリウオ

サザナミヤッコ幼魚も少し大きくなった?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イワシもガンガン回遊し、カンパチの群れは
イワシを追い回しアタックしているシーンを
目の前で観察できました。

イワシの大群
イワシの大群

前回の台風からコンディションが回復
魚も戻ってきたのですが、今回の台風で
またリセットしそうです。

がんがん、回遊魚、回遊


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月4日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:31℃ 水温:24~27℃
透明度 : 10~12m  海況 : 穏やか

大変穏やかなコンディション
浅場は透明度良好、水温も高く、少し水深を落とすと
流れがあり、濁りの入った潮が入ってきました。

連日、新顔の見られる死滅回遊魚
前日見つかった今シーズン初のカミソリウオ
今日も見る事が出来ました。

今シーズン初登場・カミソリウオ
今シーズン初登場・カミソリウオ

サザエの貝殻から顔を出すニジギンポ
ペアになり、交互に顔を出す珍しいシーンに遭遇

ニジギンポ
ニジギンポ

クマノミの卵の中でベービー達の目がはっきりと見えます。

クマノミ・ベービー
クマノミ・ベービー

そして、スカシテンジクダイは群れになり
カンパチの群れが、がんがん回遊
ヘコアユの小さな幼魚も登場

話題尽くしの新顔登場です。