カテゴリー別アーカイブ: ダイビング

浅場は濁り、沖はブルー、八幡野


10月16日(月)ポイント:八幡野
天気:雨 気温:16℃ 水温:24~26℃
透明度:2~15m  海況:ややうねり

北東からの風が強く、伊豆海洋公園はクローズ
穏やかな八幡野ですが、緩やかなうねりが入り
昨夜の雨で、川から土砂が海に流れ
浅場は土砂で、かなり濁りが入っていました。
しかし、沖はブルーの水が広がり綺麗
濁った世界から綺麗な世界へ
不思議な海です。

良好なコンディションでオープン


10月9日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:26℃ 水温:24~26℃
透明度:15~20m  海況:穏やか

久々に穏やかなコンディションでオープンしました。
天気は快晴、気温も上がり、ポカポカ
さらに透明度も良く、グッドコンディションでした。

1本目は2の根に行ってきました。
透明度が良いので中層を泳いでいても
気持ち良いですね、、、
途中、キビナゴの大群に遭遇したり、
キンギョハナダイ、サクラダイの群れに
囲まれ、極めつけはツムブリの群れが
我々を囲み、手の届くところまで接近
迫力でした。

ツムブリ・Photo by Mr.PIROSHI
ツムブリ・Photo by Mr.PIROSHI

荒れたコンディションの後ですが
カミソリウオのペアも健在です。

カミソリウオのペア Photo by Ms.UCHIDA
カミソリウオのペア Photo by Ms.UCHIDA

魚影の濃い、ダイビングを堪能した一日でした。

意外に穏やか、、、八幡野


9月16日(土)ポイント:八幡野
天気:曇り 気温:22℃ 水温:24~26℃
透明度:10~12m 海況:揺れ弱

昨日は台風の影響でうねりの波があった八幡野ですが
今日は意外にも穏やかなコンディション
透明度も良好、多くのダイバーが集まり賑わっていました。

毎年登場するカミソリウオ
今年もやってきました。

カミソリウオのオス
カミソリウオのオス

タテジマキンチャクダイ幼魚も登場
人気の幼魚です。

タテジマキンチャクダイ幼魚
タテジマキンチャクダイ幼魚

うねりあり、、、八幡野


9月15日(金)ポイント:八幡野
天気:晴れ 気温:25℃ 水温:24~26℃
透明度:10m  海況:揺れあり

台風の影響があり、今日は穏やかな八幡野へ行ってきました。
八幡野もうねりはありましたが、まずまず穏やか
揺れの為、透明度は白っぽくはありまし
こちらもまずまず良好!

沖の漁礁に行ってみると、大きなドチザメが漁礁の中を
ぐるぐる回っていました。

今日見られた魚達を紹介します。

色鮮やかミナミハコフグ幼魚
色鮮やかミナミハコフグ幼魚
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
子守中、クマノミ
子守中、クマノミ

他にもキビナゴ、タカベ、イサキなどなど
多くの群れを見る事が出来ました。

ややうねり、、、伊豆海洋公園


9月14日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:30℃ 水温:24~26℃
透明度:15~20m  海況:波弱

今日も快晴、気持ち良く晴れ
真夏日となりました。
台風のうねりなのか、弱いうねりがあり
浅場は揺れていましたが、まだまだグッドコンディション!
透明度も良好です。

今の伊豆海洋公園は群れが凄い!
ブリマチの根方面ではイサキの大群が舞っていたり
2の根方面ではネンブツダイ幼魚が根頭を覆い尽す光景
送り出しの入り江ではキビナゴ大群がぐるぐる回り
キビナゴ竜巻の中に居るようです。
とにかく凄いとしか、言いようがない光景が広がっています。

キビナゴトルネード
キビナゴトルネード

マクロも充実し、イロカエルアンコウも人気
今日も可愛い姿を見せてくれました。

イロカエルアンコウ
イロカエルアンコウ

サザナミヤッコ幼魚も個体数が増え
綺麗な体色の個体が観察出来ています。

サザナミヤッコ幼魚
サザナミヤッコ幼魚

マクロからワイドまで見所が多い伊豆海洋公園
魚の群れ・トルネードの中に入りたい方、大募集です。

穏やかなコンディションでオープン


9月5日(火)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温:26℃ 水温:24~26℃
透明度:12~15m  海況:良好

台風の影響もなくなり、昨日までの強い風も止み
やっと穏やかなコンディションでオープンです。
そして、透明度良好です。

砂地に設置されていた産卵床は大きなうねりで
飛ばされ、無くなりました。
しかし、南の海から魚達を連れて来てくれました。

毎年、送り出しの入り江に登場する
サザナミヤッコ幼魚、今年も台風と共に
やってきました。
体長10cm程の個体と、1cm程の小さな個体が
同じ岩の亀裂の中で観察出来ます。

サザナミヤッコ幼魚・約体長10cm
サザナミヤッコ幼魚・体長約10cm
サザナミヤッコ幼魚・体長約1cm
サザナミヤッコ幼魚・体長約1cm

砂地ではサカタザメがマダイに突かれ
追い回されている姿が観察出来ました。

マダイに追い回されるサカタザメ
マダイに追い回されるサカタザメ

点在するペアのクマノミが盛んに産卵していますが
1の根に住むペアの卵はハッチアウト寸前
親クマノミが大切にケアしている姿が観察出来ました。

ハッチアウト寸前
ハッチアウト寸前

赤潮来襲!(富戸・ヨコバマ)


※史上初、伊豆海洋公園・夏ナイトダイビング開催!
次回開催は8月12日(土)

8月5日(土)ポイント:富戸
天気:晴れ 気温:29℃ 水温:24~25℃
透明度:3~12m  海況:良好

大変穏やかなコンディションの富戸でした。
ほぼ揺れもなく凪
昨日良かった透明度が赤潮がエントリー口に寄ってきた為
浅場が濁り、春濁りの様でした。
午前中は居なかったアオリイカが産卵床で盛んに
産卵していました。
濁りの為、少し薄暗い水中で見るアオリイカの産卵は
かなり幻想的で感動します。

目の前で見る産卵は神秘的
目の前で見る産卵は神秘的

スカシテンジクダイ、イサキ、ネンブツダイの混成の群れが
産卵床で観察出来ますが、ライトを当てると光り
こちらも幻想的で、綺麗です。

混成の群れ
混成の群れ

連日、絶好調、グッドコンディション!


※史上初、伊豆海洋公園・夏ナイトダイビング開催!
次回開催は7月16日(日)

7月10日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:30℃ 水温:21~22℃
透明度:10~15m  海況:凪

梅雨とは思えない天気と気温
コンディションも穏やか、水温は上昇

水温上昇で、クマノミが1回目の産卵
産卵直後の卵は綺麗なオレンジ色
親クマノミは卵に水を吹きかけ
懸命に世話をしています。

今年一回目の産卵、クマノミ
今年一回目の産卵、クマノミ

同じ仲間だと思っているのか、、、?
エントリー口に群れているミナミハタンポの群れに
一匹だけキンメモドキが混じっています。

ミバミハタンポの群れに混じるキンメモドキ
ミバミハタンポの群れに混じるキンメモドキ

砂地ではスナダコが巣穴から目を出し
こちらを警戒している様子が観察出来ました。

警戒中。スナダコ
警戒中。スナダコ

晴天、夏日、凪


※史上初、伊豆海洋公園・夏ナイトダイビング開催!
次回開催は7月16日(日)

6月24日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:27℃ 水温:20~21℃
透明度:10~15m  海況:穏やか

コンディション、天気、共に穏やかな一日
透明度も良好でした。

水中は水温が上がり、黒潮も接近
夏の海に変わってきています。

死滅回遊魚も徐々に増えてきました。
死滅回遊魚・スカシテンジクダイの幼魚が群れ始めています。
透明な体をした、まだまだ小さな幼魚ですが
成長すると透明な体が透けて見え、綺麗な魚です。
そして、今年初!ツノダシの幼魚が登場
まだ、淡い体色の幼魚
成魚になると黄色が濃くなり鮮やかに、、、

今年初登場!ツノダシ
今年初登場!ツノダシ

サカタザメを見られる確率が上がり
今日は砂の上を這うように泳ぎ去っていきました。

サカタザメ・photo by Mr.SUSUMU
サカタザメ・photo by Mr.SUSUMU