カテゴリー別アーカイブ: 伊豆海洋公園ダイビング

コンディション絶好調!


9月9日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:28℃ 水温:24~26℃
透明度:10~15m  海況:良好

今日も大変穏やかなコンディション
透明度も良好、絶好調な日が続いています。

死滅回遊魚がぞくぞくと登場
イロカエルアンコウ幼魚の可愛い姿が観察出来ています。
カイメンにぴったりと体を寄せ擬態
上手に隠れています。

送り出しの入り江で見られているクビアカハゼは
単独で2個体見られていたのが、いつの間にか
ペアになり、同じ穴に暮らす様になっていました。

エントリ―口のアオリイカベービーが数を増やし
天気の良い今日、日が差し、透明な体を照らし
大変、綺麗でした。

アオリイカベービー
アオリイカベービー

まだまだ、コンディションの良い、幸せな日が続きそうです。

グッドコンディション・キープ


9月8日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温:27℃ 水温:24~26℃
透明度:10~15m  海況:良好

少し風が吹き、エントリー口に弱い波は
立ちましたが、問題なくコンディション良好
若干、透明度は下がりましたが、こちらも良好

イサキの幼魚の群れが回遊し、囲まれるシーンも
ありました。

イサキ幼魚の群れ
イサキ幼魚の群れ

クリアクリーナーシュリンプがウツボをクリーニングしている
シーンもよく見掛けます。
大きな口を開け、クリー二ング中
気持ち良さそうに感じます。

只今、クリーニング中
只今、クリーニング中

送り出しの入り江に定住しているクビアカハゼと
コシジロテッポウエビ、人慣れしたせいか
ゆっくり近づくと、引っ込まなくなりました。

クビアカハゼとコシジロテッポウエビ
クビアカハゼとコシジロテッポウエビ

ベストコンディション!!


9月7日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇りのち晴れ 気温:26℃ 水温:24~26℃
透明度:15~20m  海況:良好

曇り空が明るくなり、快晴
少し弱い波はありましたが、ほぼ穏やかなコンディション
そして、黒潮が入り、温かでスーパーブルー
透明度がアップし、ベストコンディション

送り出しの入り江に熱帯域の生物が入り
浅場だけでも十分に楽しめています。

なんとも、フレンドリーなイシダイ幼魚が登場
ダイバーの周りにまとわりつき
耳をかじったり、排気の泡で遊んだり
かなり懐いた感じのする幼魚です。

人なっこいイシダイ幼魚
人なっこいイシダイ幼魚

サザナミヤッコ幼魚も可愛い個体が
多く見られる様になってきました。

小さなサザナミヤッコ幼魚
小さなサザナミヤッコ幼魚

今年何回目なんだろう?
クマノミの産卵
何回産んだのか分からなくなってきました。

産みたてほやほや
産みたてほやほや

このまま、このコンディションが続いてほしいものです。

群れ、群れ、群れ、伊豆海洋公園


8月29日(火)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:31℃ 水温:20~26℃
透明度:10~15m  海況:良好

今日も西風が吹き、穏やかなコンディションでした。
透明度も良好
今日もアオリイカ産卵は絶好調
大きなアオウミガメも登場
ポイント全域に群れが多く、スカシテンジクダイ
イサキ、ネンブツダイ、送り出しの入り江には
ミナミハタンポ幼魚が観察出来ています。
透明感のある体色と変わった体形
大きな目が特徴
しばらく送り出しの入り江で成長する事でしょう!

送り出しの入り江にて、ミナミハタンポ幼魚
送り出しの入り江にて、ミナミハタンポ幼魚

コンディション良好!in伊豆海洋公園


8月28日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇りのち晴れ 気温:32℃ 水温:24~26℃
透明度:10~20m  海況:良好

午前中は東風の為、少し波が立ちましたが
午後になり西風に変わり、大変穏やかなコンディションに
なりました。
午後少し濁りが入りますが、午前中は良好でクリアな水が
広がっていました。
今日もアオリイカの産卵絶好調!
ガンガン来ています。

ころころと場所を変え、移動しているイロカエルアンコウですが
今日も見る事が出来ました。

イロカエルアンコウ Photo by Ms.ENDOU
イロカエルアンコウ Photo by Ms.ENDOU

浅場の水温が上がり、元気一杯泳ぎ回っている
ソラスズメダイの体色が鮮やかで、とにかく綺麗

鮮やかな体色・ソラスズメダイ
鮮やかな体色・ソラスズメダイ

明日も西風予報でコンディション良好でしょう!

水温高く、温か、、、コンディション上々!


8月25日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:32℃ 水温:24~26℃
透明度:10~15m  海況:良好

今日も穏やかなコンディションでした。
浅場の透明度は白っぽいのですが、まずまず良好!
少し水深を落とすとクリアな水が広がるのですが
冷たく、午前中は強く流れます。

浅場の水温がダイコン読みながら27℃をマーク
温かな水温の中でヒメテグリの求愛が始まったようで
元気なオスがメスを追かけている姿が観察出来ました。
懸命に背びれを広げアピール
じっくりと観察してみると、目の前で繰り広げられる求愛シーンに
目が釘付けになります。

ヒメテグリ・オス
ヒメテグリ・オス

湖のような穏やかなコンディション


8月21日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇りのち晴れ 気温:29℃ 水温:24~26℃
透明度:10~15m  海況:凪

大変穏やかな湖のような水面
透明度も良好!絶好調なコンディションです。
送り出しの入り江にて、毎年登場する綺麗で可愛い
スズメダイの幼魚が今年も登場!
クロメガネスズメダイ幼魚はサザエの陰に隠れ
出たり入ったり、忙しく動き回っています。

クロメガネスズメダイ幼魚
クロメガネスズメダイ幼魚

ミヤコキセンスズメダイ幼魚は体色が鮮やかで
目立ちますね、、、

ミヤコキセンスズメダイ幼魚
ミヤコキセンスズメダイ幼魚

カミソリウオのペアは今日も海草に紛れフラフラ

擬態上手、カミソリウオのペア
擬態上手、カミソリウオのペア

連日のグッドコンディション!


8月20日(日)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇りのち晴れ 気温:29℃ 水温:24~26℃
透明度:10~15m  海況:凪

東風でしたが、大変穏やかなコンディション
連日の凪が続いています。
透明度も良好!水温は温か、良い感じの海です!

今日も砂地にアオリイカが産卵に来ていました。
近くで見る事は出来たのですが、すぐに去り帰って来ず

今夏、初登場のカミソリウオのペア
海草に紛れ、フラフラ
メスが赤、オスが深緑のペアです。
カミソリウオが登場すると、黒潮の接近を感じます。

カミソリウオのペア Photo by Mr.SUSUMU
カミソリウオのペア Photo by Mr.SUSUMU

死滅回遊魚であるヌノサラシ
送り出しの入り江にて成長中

熱帯種、ヌノサラシ Photo by Mr.SUSUMU
熱帯種、ヌノサラシ Photo by Mr.SUSUMU

グッドコンディション(伊豆海洋公園)


8月18日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:29℃ 水温:24~26℃
透明度:10~15m  海況:うねり弱

久々に晴れ間が朝から広がりました。
コンディションも緩いうねりの揺れはありましたが
穏やか、透明度も良好で、クリアな水が広がっていましたが
午後になり、少し濁りが入りダウン

今日もアオリイカが産卵にきていました。
周りで見ている我々を気のすることなくガンガン産卵
産卵床に卵がふさふさと揃ってきました。
(今日はカメラを持って行かなかったので
前回の写真を転用です。)

伊豆海洋公園、砂地・産卵床にてアオリイカ
伊豆海洋公園、砂地・産卵床にてアオリイカ

産卵床ではスカシテンジクダイ、イサキの幼魚の群れが
日に日に大きくなっています。
ライトを当てると、目が光り綺麗です。

今日も穏やかなコンディション


8月13日(日)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇りのち晴れ 気温:28℃ 水温:24~26℃
透明度:12~15m  海況:ざわつきあり

少し風波でざわついたコンディションでしたが
問題なく、ほぼ穏やかなコンディションで
雲が多く、過ごし易い一日でした。
透明度も良かったのですが、
午後、少し濁りが入りダウンしました。
送り出しで見らえているミナミハコフグ幼魚
可愛い姿を今日も見る事が出来ました。

体長1cm・ミナミハコフグ幼魚
体長1cm・ミナミハコフグ幼魚