カテゴリー別アーカイブ: #伊豆ビーチポイント

ビーチポイント平沢へ


2019サンセット&ナイトダイビング日程

9月21日(土)ポイント:平沢
天気:曇り 気温:26℃ 水温:26℃
透明度 :5m 海洋状況:良好

今日も東風が強く吹いた為、東伊豆は荒れたコンディション
穏やかな平沢へ
少し揺れはありましたが、大変穏やか
透明度は、少しダウンしましたね。

平沢にて体験ダイビング
平沢にて体験ダイビング

穏やか、アオリイカ産卵絶好調!


2019サンセット&ナイトダイビング日程

7月25日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:30℃ 水温:22~23℃
透明度 :10~15m 海洋状況:良好

天気は良かったのですが、
不安定で、時々雨が降り、また快晴
気温は上がり真夏日、梅雨も明け
穏やかなコンディションが続いています。
透明度も上昇、良い感じになってきました。

今日もアオリイカ産卵は絶好調で
多くのペアが目の前で産卵していました。

姿を消したと思われたイロカエルアンコウ
場所を移動していますが、見る事が出来ています。
オレンジ色の体色が目立ち、存在感ありますね。

存在感ありイロカエルアンコウ
存在感ありイロカエルアンコウ

アジアコショウダイ幼魚も人気魚の一匹
体をフリフリ、愛らしいですね、、、

フリフリダンス・アジアコショウダイ幼魚
フリフリダンス・アジアコショウダイ幼魚

ハナタツ、色違いの赤と黄の個体
ヤギの間に隠れ、姿を隠しています。
どちらの個体も色鮮やかに変化している様子

長く観察できているハナタツ赤
長く観察できているハナタツ赤
上手に隠れているハナタツ黄
上手に隠れているハナタツ黄

クマノミの卵もベービー達の目がはっきり

クマノミベービーの目はっきり
クマノミベービーの目はっきり

アマミスズメダイも大きくなり、人慣れしてきたみたいで
結構、近寄れます。

今年は個体数多いアマミスズメダイ幼魚
今年は個体数多いアマミスズメダイ幼魚

大変穏やかなコンディション


2019サンセット&ナイトダイビング日程

5月31日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:24℃ 水温:16~18℃
透明度 : 10~12m 海洋状況:穏やか

曇り空、大変穏やかなコンディション
やや濁りのある透明度で、少し暗く感じる水中でした。

今年は多くの死滅回遊魚が越冬して見られていますが
サラサゴンべも、、、鮮やかな体色が人気の魚
岩の上にチョコンと乗って可愛い姿が見れてます。

死滅回遊魚サラサゴンべ
死滅回遊魚サラサゴンべ

砂地にサザエの殻を巣にしているスナダコ
殻の中から目だけを出して、こちらを警戒

砂地にてスナダコ
砂地にてスナダコ

狭い約10m四方の中にカスザメ大小4個体
ここまでまとまって見られるのは珍しい。
砂地に稚魚が一面に群れているので、その稚魚を狙って
集まる小魚を、狙って集まってきたのか?

連日遭遇率100%

楽しい八幡野へ、、、


2019サンセット&ナイトダイビング日程

5月18日(土)ポイント:八幡野
天気:曇り 気温:21℃ 水温:17~18℃
透明度 : 10~13m 海洋状況:うねりあり

前日の低気圧通過により、うねりが発生
伊豆海洋公園にもうねりが入り、波高く潜水禁止
風も東向きだったので、八幡野に行ってきました。
八幡野もうねりが入りうねうね
透明度は良好でした。

長い期間、全く動かず同じところにいる
イロカエルアンコウ
それも浅いところにいるので、うねりの揺れで
居心地悪くなって動きそうですが、胸鰭を張り出し
カイメンの中で体を固定
ぴったりとはまっているので居心地よいのでしょう。

長く見られているイロカエルアンコウ
長く見られているイロカエルアンコウ

普段は砂の中に入って顔だけをだしている
ホタテウミヘビが今日はフラフラと泳ぎ回っていました。

泳ぎ回るホタテウミヘビ
泳ぎ回るホタテウミヘビ

キビナゴの群れに囲まれ、一面キビナゴ
たまに八幡野へ行ってみると楽しい!