カテゴリー別アーカイブ: ダイビングショップ

7月9日(木)伊豆海洋公園・海洋情報


ご予約の際は当店HP・NEWSよりコロナウイルス感染予防策を
ご覧の上、ご予約をお願い致します。

7月9日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:雨のち曇り 気温:28℃ 水温:18~21℃
透明度:5m 海洋状況:良好

雨が時折激しく降りましたが、すぐに止み曇り
西風の為、穏やかなコンディション
春濁りが始まり、極端に透明度が下がりニゴニゴ
しかし、水温は高く温か
人気のカエルアンコウ種が増え、ラインナップが出揃って
華やかになってきました。
イロカエルアンコウ幼魚、オオモンカエルアンコウ幼魚
ベニカエルアンコウ
1ダイブで一度に見られています。

イロカエルアンコウ幼魚
イロカエルアンコウ幼魚
オオモンカエルアンコウ幼魚
オオモンカエルアンコウ幼魚

ベニカエルアンコウ
ベニカエルアンコウ

春濁りが始まり、アオリイカの産卵も
やっと始まりました。
まだ警戒心が強く、すぐに産卵床から離れて
しまいましたが、本格的な産卵が始まりそうです。

アオリイカ
アオリイカ

6月7日(日)伊豆海洋公園・海洋情報


6月1日(月)より感染予防に徹し営業を再開致しました。
ご予約の際は当店HP・NEWSよりコロナウイルス感染予防策を
ご覧の上、ご予約をお願い致します。

6月7日(日)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れの曇り 気温:27℃ 水温:17~19℃
透明度:8~10m 海洋状況:良好

世の中はコロナ騒ぎで混乱ざわついていますが、
海のコンディションは緊急事態宣言が宣言されてから
穏やかな日々がずーーっと続いています。
人が多く来る時には荒れて、人が少ない時には凪る。
どんな巡り合わせなんだろう?

今日も午前中は雲が多かったですが、午後には晴天
大変穏やかなコンディションでした。

ツヅレウミウシ・・・
石の裏側に隠れている事が多く
見つけると、意外に早く動きだす。
やや大き目なウミウシです。

ツヅレウミウシ
ツヅレウミウシ

シマウシノシタ
その名の通り、牛の舌のような体形
砂の中に隠れ、小さな目だけが出ている
砂を掃うと姿が現れますが、ほぼ動かず

砂地にてシマウシノシタ
砂地にてシマウシノシタ

ハナタツ
赤と白の模様で海草の中に隠れていて
ライトが無いと、見つけずらい・・・
でも見つけると、嬉しい魚

赤と白の模様ハナタツ
赤と白の模様ハナタツ

コロナウイルス・ガイドライン


静岡の緊急事態宣言は解除されましたが、
お客様受け入れのガイドラインを熟考した上で
対応出来る体制が出来るまで自粛休業しようと思っています。

5月15日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れのち曇り 気温:25℃ 水温:━・━
透明度:━・━ 海洋状況:良好

気温は上がり、連日の夏日
今日も海は大変穏やかなコンディション
良い感じのコンディションが続いています。

早く、潜りたい~ぁ~

今日の伊豆海洋公園コンディション
今日の伊豆海洋公園コンディション

緊急事態宣言解除近し、、、


緊急事態宣言延長の為
当店も休業要請に応じ、5月31日まで休業を延長させて
頂きます。
(収束状況により、17日をめどに休業短縮の可能性あり)

5月13日(水)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:25℃ 水温:━・━
透明度:━・━ 海洋状況:良好

緊急事態宣言で伊豆ダイビングポイント全域クローズ
していますが、天気、コンディションの良い日が
連日続いていて、今日も気温はぐんぐんあがり
夏日でコンディションも大変穏やか

クローズしている間、連日のグッドコンディション
なんなんでしょうね~
この巡りあわせ、、、

感染者も急激に減っているので、解除宣言も近い
もう少しで、潜れますよ~
ワクワクしてきました。

今日の伊豆海洋公園コンディション
今日の伊豆海洋公園コンディション

晴天、穏やかな、海・・・


※ドライスーツレンタル無料キャンペーン実施中!
開催期間2020年4月末日まで

4月11日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:16℃ 水温:16℃
透明度:10m 海洋状況:良好

伊豆ダイビングポイント・伊豆海洋公園
天気は快晴、春の陽気
穏やかなコンディションでしたが、
透明度は春濁りの始まりを感じますねーー

今日、1ダイブ目はブリマチの根へ
スミゾメミノウミウシが産卵してました。
体をくねらしながら産み付けてます。

スミゾメミノウミウシと卵(ピンクのリボン状)
スミゾメミノウミウシと卵(ピンクのリボン状)

アライソコケギンポ
普段は巣穴にいて顔だけを出しているけど
今日は巣穴から外出
全身を見る事が出来ました。

アライソコケギンポは巣穴から外出
アライソコケギンポは巣穴から外出

産卵、真っ盛りなベニシボリガイ
今日も登場・・・

産卵絶好調ベニシボリガイ
産卵絶好調ベニシボリガイ

今日もアオウミガメ見れました。

穏やかなコンディションで晴天


※ドライスーツレンタル無料キャンペーン実施中!
開催期間2020年4月末日まで

4月10日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:20℃ 水温:15~16℃
透明度:10m 海洋状況:良好

今日の伊豆でのダイビングポイントは伊豆海洋公園でした。
天気も良く、コンディションは穏やかで
透明度は良いとは言えず、少し白っぽいですがまずまず

今日はブリマチ方面へ
透き通るような白のスナイソギンチャクに
ハクセンアカホシカクレエビ
イソギンチャクの中でダンスの様に体を左右に揺らせてます。
白の綺麗なスナイソギンチャクと透明なハクセンアカホシカクレエビ
写真映え~

ハクセンアカホシカクレエビ
ハクセンアカホシカクレエビ

アカシマシラヒゲエビのペア
ウツボと一緒に暮らし、口の中に入り掃除している様子も
観察でき、このエビも体を揺らし、まるで踊っているようで
鮮やかな赤い体色と、白ひげのコントラストが綺麗です。

アカシマシラヒゲエビとウツボ
アカシマシラヒゲエビとウツボ

今日は伊豆海洋公園2の根へ


※ドライスーツレンタル無料キャンペーン実施中!
開催期間2020年4月末日まで

4月7日(火)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:18℃ 水温:15~16℃
透明度:8m 海洋状況:良好

今日の伊豆ダイビング
伊豆海洋公園は大変穏やかなコンディション
春濁り、始まった感じの透明度
ついに、きた~ってーーー
まだまだ始まりなので、極端に悪くはないですけど
薄緑の水で浮遊物もあり!

今日は2の根から3の根、4の根へジャンピング
サクラダイ、メスが大きな群れを作り、目立ちます。

砂地にはシビレエイ
低水温を好むシビレエイは砂の中に隠れ
目だけを出しているけど、砂を掃ってみると登場
砂に隠れ、見つからないように目が小さく進化した
と思うのだけど、つぶらな小さな目が可愛い!

つぶらな小さな目を持つシビレエイ
つぶらな小さな目を持つシビレエイ

やや深場に住み、鮮やかな赤の体色をもつ
イツトウダイ
シャイなのか、シャイじゃないのか
こちらに接近してきたと思ったらUターン
暗がりへ、一度入ると、出てこない魚
綺麗で、美味しそう
食べた事ないですけど・・・

岩礁域・やや深場に住むイットウダイ
岩礁域・やや深場に住むイットウダイ

石の下にはメリベウミウシ
大きな口を持ち、バクバクと動かし
ゆっくりと動く
決して可愛いとは言えませんが、ユーモラス
ある意味、グロテスク?

大きな口を持つメリベウミウシ
大きな口を持つメリベウミウシ

今日も絶好調に伊豆海洋公園


※ドライスーツレンタル無料キャンペーン実施中!
開催期間2020年4月末日まで

4月5日(日)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れのち曇り 気温:20℃ 水温:15~16℃
透明度:12m 海洋状況:良好

今日の伊豆ダイビングは伊豆海洋公園
少し風波で水面にざわつきはありましたが
穏やかなコンディションで
透明度は昨日に比べてアップしてました。

今日もブリマチの根へ
キンギョハナダイ、イサキ、タカベは
元気よく泳ぎ回っていて大群
群れの中に入ってみると、迫力

ヤギの中でクダゴンベを発見
死滅回遊魚に定義されると思っているのですが、
見られるシーズンが低水温の時に多いので、
死滅回遊魚なのかな?と考えてしまう。
その件は店主日記(ブログ)で考察してみたいと思います。
鮮やかな赤の格子柄で熱帯域の海でも人気
個体数も少ないから、さらに人気なのでしょうが、
なんと、横のヤギにも一回り小さなクダゴンベ
2個体が少し離れて横並び
伊豆海洋公園では、水深40m付近に登場する事が
多いけど、今回は30mと比較的浅場

クダゴンベ少し大きめ
クダゴンベ少し大きめ
クダゴンベ一回り小さめ
クダゴンベ一回り小さめ

ほぼ動かなくて、撮りやすい場所
しばらくは良い被写体になりそう。

ここ最近、小ウミガメも浅い水深で高確率で見られていて
今日は石の隙間に頭を入れて休んでました。
その姿が可愛い、、、

小ウミガメ
小ウミガメ

今日も良い海でした。

ブリマチの根にあるウミウシワールド


※ドライスーツレンタル無料キャンペーン実施中!
開催期間2020年4月末日まで

4月4日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:20℃ 水温:15~16℃
透明度:10m 海洋状況:良好

今日の伊豆ダイビングは伊豆海洋公園
天気は快晴、ポカポカで春本番
西風が強く吹き大変穏やかなコンディションで
春濁りの始まりを感じさせる、やや濁った透明度に
なってきました。

今日はブリマチの根方面へ
ウミウシが多く見られるポイント
ウミウシワールドで多彩な種類が見れました。
イマイチな透明度だけに、目はついつい下へ
マクロモードに変換

パイナップルウミウシ
パイナップルウミウシ
サガミウミウシ
サガミウミウシ
ハナオトメウミウシ
ハナオトメウミウシ
スイートジェリーミドリガイ
スイートジェリーミドリガイ
ハナミドリガイ
ハナミドリガイ
コイボウミウシ
コイボウミウシ

ブリマチの根は浅場から一気に深くなるので
浅場から深場まで様々な水深に生息するウミウシが
多く観察できます。

帰りにニラミギンポを見つけました。
ギンポの仲間でも近くに寄っても逃げない珍しい種
目の前にカメラを出すと目だけが動いて、こちらを凝視

ニラミギンポ
ニラミギンポ

晴天で春の陽気とコンディション良好


※ドライスーツレンタル無料キャンペーン実施中!
開催期間2020年4月末日まで

4月3日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:17℃ 水温:15~16℃
透明度:12m 海洋状況:うねり弱

今日の伊豆ダイビング、ポイントは伊豆海洋公園
少しうねりを感じましたが穏やかでコンディション良好
天気も良く、春の陽気でポカポカ
少し濁りのある透明度ですが、水中は明るくまだまだ良好

今日はブリマチの根方面へ
今シーズンは水温が高いので、死滅回遊魚が越冬し
多くの種類が見られていますが、セナキルリスズメダイも
個体数、多いようです・・・
鮮やかな青い体に黄色のラインも鮮やか
シャイな魚で、すぐに石の陰に隠れるけど
最近では慣れてきたので、引っ込み事無く
極々近くで見られます。

南の海の代表格?セナキルリスズメダイ
南の海の代表格?セナキルリスズメダイ

たまに見かけるサカサクラゲが逆さに張り付いている様子
名前の通り、サカサのまんま
触手を上に傘をはばたかせながら泳ぎ
傘が吸盤になっていて、岩に張り付き、休憩?

岩に張り付くサカサクラゲ
岩に張り付くサカサクラゲ

ハクセンアカホシカクレエビはスナイソギンチャクの毒に
免疫があり、スナイソギンチャクの中に住み魚から身を守る
しかし、見た目そっくりなアカホシカクレエビは
他数種のイソギンチャクに住んでますが、
スナイソギンチャクと一緒に暮らすアカホシカクレエビは
中に入らず、脇に住み着いてる、、、
見た目、そっくりなのに生態が違うところが面白い

スナイソギンチャクとアカホシカクレエビ
スナイソギンチャクとアカホシカクレエビ

クロヘリイトヒキベラ幼魚
じみーな魚でシャイだけど、ライトを当てると鮮やかな
赤の体色が浮かび上がり、口先の白点が可愛い、、、

地味でシャイなクロヘリイトヒキベラ幼魚
地味でシャイなクロヘリイトヒキベラ幼魚