タグ別アーカイブ: ビーチダイビング

3月21日(月)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


span style=”color: #ff0000;”>手ぶらでGOキャンペーン中!!
(バスタオル、シャンプー&コンディショナー、
サンダルレンタル無料・要予約)

3月21日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温:13℃ 水温:16~17℃
透明度:10~15m 海洋状況:風波あり

少し風波ありざわつきはありましたが、
問題なくエントリー、エキジットでき
今日はオープンウォーター講習でした。
天気は曇り、やや肌寒い気温で
今週は寒暖差が激しい、、、
浅場の透明度は揺れの為、少し濁りは
ありましたが、こちらも許容範囲で良好

浅場にて講習中
ガチャ歯コブダイが登場
接近しては離れ、また接近で
周りをウロウロ
「恐い」ぼそりと一言、Rさん
確かに、顔、歯を見ると恐くない事もない!

オープンウォーター講習中・Rさんとニアミスなコブダイ
オープンウォーター講習中・Rさんとニアミスなコブダイ

3月14日(月)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


手ぶらでGOキャンペーン中!!
(バスタオル、シャンプー&コンディショナー、
サンダルレンタル無料・要予約)

3月14日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:20℃ 水温:14~15℃
透明度:12~15m 海洋状況:ややうねりあり

暖かな日差しが頭上から降り注ぎ
気温もぐんぐん上がり、間違いなく春です。
西風から南西の風が強く吹き
エントリー口にもうねりが入りこみ
波が立ち、水中も揺れていました。
しかし、透明度は良好で透明感もあり綺麗

浅場の岩と岩の間にミナミハタンポ幼魚の群れが
コンパクトに密集しています。
体形が変わっていて目が大きく、
密集している様子、生態が興味深い

今日はスミゾメミノウミウシがペアで
盛んに産卵していました。
ゆっくりと卵塊が出てくる、、、
こちらも興味深い、、、

クロスジウミウシはうねりの揺れに
触角がゆらゆら揺れる
その揺れに負けないように、
体を石に張り付ける結構な吸着力

送り出しの入り江にアメフラシとトコブシが
重なり合ってる、、、、それはそれで面白い

今日は春、日常で見られる生物の紹介でした。

ミナミハタンポ幼魚群れ
ミナミハタンポ幼魚群れ
只今、産卵中スミゾメミノウミウシ
只今、産卵中スミゾメミノウミウシ
吸着力抜群、クロスジウミウシ
吸着力抜群、クロスジウミウシ
アメフラシ&トコブシ
アメフラシ&トコブシ

3月13日(日)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


手ぶらでGOキャンペーン中!!
(バスタオル、シャンプー&コンディショナー、
サンダルレンタル無料・要予約)

3月13日(日)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:14℃ 水温:14~15℃
透明度:12m 海洋状況:良好

昨日は天気が良く、気温が上がっただけに
今日は晴れてはいましたが、肌寒く感じました。
しかし、例年並みの気温
今日も穏やかなコンディションで透明度も良好

終日、ダイブマスター講習
体験ダイビング・ガイドトレーニング
浅場のみのダイビングでした。

そして見つけたのはベニシボリガイ
サザエの上に、、、、

サザエの上にベニシボリガイ
サザエの上にベニシボリガイ
只今、ダイブマスター講習中
只今、ダイブマスター講習中

3月12日(土)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


手ぶらでGOキャンペーン中!!
(バスタオル、シャンプー&コンディショナー、
サンダルレンタル無料・要予約)

3月12日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:16℃ 水温:14~15℃
透明度:12~15m 海洋状況:良好

今日は絶好のダイビングコンディション
穏やかで快晴、気温もぐんぐん上がり春の陽気
透明度も良好で、日差しが入り明るく綺麗
多くのダイバーで賑わっていました。

今日はがっちり3ダイブ
1ダイブ目はブリマチの根、2ダイブ目は2の根
3ダイブ目は砂地から1の根へ、がっちり大遠征
ブリマチの根ではサクラミノウミウシが交接中
産卵絶好調で卵を見る事が出来ています。

ミカドウミウシ
稀に見られるウミウシですが(今年は多い!!)
今日はブリマチの根と2の根に出現
大きな体が目立ちますね、、、

ベニシボリガイも産卵真っ盛り
個体数も多く、じっくりと観察出来ました。

2の根、岩の亀裂、暗所に暮らすハナゴンべ
亀裂の中をウロウロと元気よく泳ぎ回っています。

今日はウミウシが多く、ウミウシカーニバル開催中
ウミウシマニアの皆様、是非お越し下さい。

サクラミノウミウシ
サクラミノウミウシ
ブリマチの根にて・ミカドウミウシ
ブリマチの根にて・ミカドウミウシ
2の根にて・ミカドウミウシ
2の根にて・ミカドウミウシ
ベニシボリガイ
ベニシボリガイ
ハナゴンべ
ハナゴンべ

3月11日(金)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


手ぶらでGOキャンペーン中!!
(バスタオル、シャンプー&コンディショナー、
サンダルレンタル無料・要予約)

3月11日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:16℃ 水温:14~15℃
透明度:12~15m 海洋状況:良好

春ですねーーー(花粉飛んでそう、、、)
天気良く、気温は上がり、4月上旬並みの気温
暖かな日差し、西風、穏やかなコンディションと
透明度良好!

ここ数年、すっかり見なくなったベニカエルアンコウ
今日はブリマチの根で見る事が出来ました。
岩に張り付き、動かず、、、
人気の死滅回遊魚・カエルアンコウの仲間に
比べると綺麗、可愛いとは言えない在来種ベニカエルアンコウ
しかし、今やレアな魚になりつつあるかも!?

コモンウミウシ、クロスジウミウシ
同じ白ベースの体色ですが、ストライプ、ドット柄と
模様は様々

アカホシカクレエビはイソギンチャクの中でユラユラ
今日もウミガメも見る事が出来ていました。
ブリマチ方面、遭遇率3月は100%

ベニカエルアンコウ
ベニカエルアンコウ
コモンウミウシ
コモンウミウシ
クロスジウミウシ
クロスジウミウシ
アカホシカクレエビ
アカホシカクレエビ
遭遇率、只今100%ウミガメ
遭遇率、只今100%ウミガメ

3月9日(水)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


3月9日(水)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温:12℃ 水温:14~15℃
透明度:12m 海洋状況:ざわつきあり

やや波のあるコンディションで
浅場は揺れがあり、透明度もやや白っぽく
少し濁りました、、、

ミカドウミウシ
昨日、丸まった状態から
今日は全身が見える状態でゆっくりと移動
見ていると意外に早い、、、

ハナミドリガイ
以前は個体数多いと思っていたけど、
ここ数年、見掛ける事が少なくなってきた
じっくり観察してみると、なかなか綺麗な
ウミウシの一種

砂の上をゆっくりと歩いている
ホウボウの幼魚を発見
今のシーズン限定で見られる小さな個体です。

カシワハナダイが群れているコロニー
黒潮に乗りやってきたカシワハナダイ
ハナダイの種類は水中で映える、、、

とにかくデカイ、ミカドウミウシ
とにかくデカイ、ミカドウミウシ
ハナミドリガイ
ハナミドリガイ
よちよち歩き、ホウボウ幼魚
よちよち歩き、ホウボウ幼魚
カシワハナダイ
カシワハナダイ

3月5日(土)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


3月5日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:15℃ 水温:15~16℃
透明度:15~20m 海洋状況:良好

天気は快晴、午後から強く西風が吹き
浅場に少し揺れはありましたが、
穏やかなコンディションで透明度最高ーーー

再度、ソウシカエルアンコウが登場
行方不明になって、移動を繰り返し
また同じ場所に再登場、、、
大きな個体で、堂々たる風格

ニラミギンポ、ベニシボリガイ
コブダイなどなど
人気の生物も多く登場

透明なオオサルパ、クラゲの仲間
前後に入水口と出水口が開き、体を筋肉体が取り巻き
口をパクパクしているように見える
不思議な生物

再登場ソウシカエルアンコウ
再登場ソウシカエルアンコウ
不思議な生物オオサルパ
不思議な生物オオサルパ

3月4日(金)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


3月4日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:10℃ 水温:15~16℃
透明度:12~15m 海洋状況:良好

天気は良かったのですが、
昨日に比べると気温はやや下がり、
日陰ではやや肌寒い一日でした。
風も冷たい北向き
しかし、コンディションは穏やかで
安定して透明度も良好です。

水温が下がりミツボシクロスズメダイ幼魚が
一気に姿を消し一匹が残るのみ
たくさん群れていたのに、寂しいですね、、、

ポイント全域に点在するベニシボリガイの産卵場所
毎年、変わりなく産卵が続いていますが、
産卵された卵塊の下に親貝が居る事が多いので、
砂を払っていると、正面から突如コブダイ登場
その近さ、大きさ、顔にかなり驚かされる、、、

カリオヒラムシ
岩の下に張り付いて暮らすヒラムシ
以前、ずっとウミウシの仲間だと思い
ウミウシ図鑑を懸命に探していたら
全然ないので、さらに調べたら
全く別の生物と知った、、、(汗、汗)
今日はペア?で見られました。

砂の中に住むベニシボリガイ
砂の中に住むベニシボリガイ
かなり接近してくる大迫力コブダイ
かなり接近してくる大迫力コブダイ
一匹寂しくミツボシクロスズメダイ
一匹寂しくミツボシクロスズメダイ
岩の下が住家・カリオヒラムシ
岩の下が住家・カリオヒラムシ

3月3日(木)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


3月3日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:18℃ 水温:15~16℃
透明度:12~15m 海洋状況:良好

4月上旬並みの気温となり、ポカポカ陽気
今日も大変穏やかなコンディションと透明度良好
まだ水温は低めですが、これから徐々に
上がってくるでしょう!

浅場に群れているミナミハタンポ幼魚
成長すると沖の岩影暗所に移動しますが、
幼魚の頃は水面近くの浅場に群れで暮らしてます。
群れの中を泳いで沖へ
体形が特徴的で、太陽光に反射して綺麗ですね、、、

そしてミナミハタンポの中にシマアジの幼魚が混じり
一緒に群れを作り、泳ぎ回っていました。

送り出しの入り江でベニシボリガイがちらほら
登場しています。
春の人気生物ベニシボリガイ
産卵もしているので、親貝と卵を一緒に見れます。

浅場に群れるミナミハタンポ幼魚
浅場に群れるミナミハタンポ幼魚
シマアジ幼魚
シマアジ幼魚
ベニシボリガイ
ベニシボリガイ

3月2日(水)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


3月2日(水)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れのち曇り 気温:13℃ 水温:15~16℃
透明度:12~15m 海洋状況:良好

やっと例年並みに気温が上がり、天気良く
春の陽気でした。
コンディションも大変穏やか、透明度も良好

貝殻を覆う外套膜が虎模様のトラフケボリガイ
外套膜をめくってみると貝殻が現れる
今年の干支が虎だけに、人気上がる?

死滅回遊魚がまだ健在
オレンジ体色キンギョハナダイ群れの中に、
淡い赤の体色カシワハナダイ幼魚が一匹
意外に目立ちます。

やや深場に住むウメイロ一匹がうろうろ
浅場に群れで住むウメイロモドキと違って
ややくすんだ体色と一回り大きいのが特徴

大きなホウキハタは岩陰でホンソメワケベラに
クリーニングされている姿が見れました。

長く観察できているハナゴンベは定位置で
見れました。

虎模様トラフケボリガイ
虎模様トラフケボリガイ
キンギョハナダイの中にカシワハナダイ幼魚
キンギョハナダイの中にカシワハナダイ幼魚
大きなホウキハタ
大きなホウキハタ
ハナゴンベ
ハナゴンベ