「ビーチ」タグアーカイブ

6月20日(木)富戸ビーチポイント・海洋情報


月20日(木)
ポイント:富戸
天気:曇り 気温:26℃ 水温:20℃
透視度:12m  海洋況:良好

本日はアオリイカ産卵のリクエストなので富戸です。
鏡のような水面、大変穏やかな凪です。
透視度も良好
アオリイカ産卵真っ盛りで次から次へとガンガンきます。
他にもヤシャハゼ、ネジリンボウのペアもいて
のんびりと楽しめました。

アオリイカの産卵ガンガン
ヤシャハゼ
ネジリンボウ

6月19日(水)伊豆海洋公園ビーチポイント・海洋情報


月19日(水)
ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:27℃ 水温:19~20℃
透視度:12~15m  海洋況:良好

昨日は大雨警報発令で豪雨
凄い降り方でしたーーー
一転、今日は快晴で、穏やかなコンディション
さらに、驚いた事に透視度抜群!!
クリアで綺麗、青い、青い!
水温も上がり、群れが増えています。
イサキ、マアジ、イサキ、キンギョハナダイの群れが
元気よく、大きな群れを作りつつあります。
小さなウミガメ、ちょこんと休んでる光景
砂地にはヤリイカの卵が産みつけてました。

ウミガメと彼女
ヤリイカの卵
タカベの群れ

6月15日(土)伊豆海洋公園ビーチポイント・海洋情報


月15日(土)
ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇りのち晴れ 気温:26℃ 水温:20℃
透視度:12m  海洋況:良好

少し雲が多めながらも海はとても穏やかなコンディション

透視度も良好です、、、
少し深めの砂地に色鮮やかなクチナシツノザヤウミウシ
レア生物ながら長く観察できているところが嬉しい
意外に動きが早い~~ぐんぐん移動する
浅場ではタカベの群れに囲まれ
棲み家をタコに奪われたセダカスズメダイがいます。

クチナシツノザヤウミウシ
タカベの大群
タコに棲家を奪われたセダカスズメダイ

6月14日(金)富戸ビーチポイント・海洋情報


月14日(金)
ポイント:富戸
天気:晴れ 気温:28℃ 水温:20℃
透視度:12m  海洋況:良好

店主、怪我の為、長くお休みを頂いていましたが
無事、回復し今日から通常営業させて頂きます。
ご心配、ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。

本日は快晴、真夏日となり、大変穏やかなコンディション
透視度も良好
アオリイカ産卵のリクエストがあり富戸へ行ってきました。
驚くほどガンガンに目の前で絡み合い産卵
ダイバーを気にする事なく、頭上を回る
数十杯の大きなアオリイカは、やっぱり迫力ありますね

アオリイカ産卵 撮影者・星野リゾート
目の前で繰り広げられるアオリイカ産卵 撮影者・星野リゾート

5月30日(木)伊豆海洋公園ビーチポイント・海洋情報


月30日(木)
ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:24℃ 水温:17~19℃
透視度:6~8m  海洋況:良好

天気は最高!
穏やかなコンディションで濁りは確かにある
でも、少し水深を落とすと徐々にクリア
本日ものんびり3ダイブ
エキジット時間が延びたので楽々
今年はやたらとアメフラシが多く目立つ
大小さまざまな個体から交接しているペアも
観察出来、ぴゅにょぴゅにょの体
カミソリウオも変わらず、ふらふら 
ウミウシファン増加と共にウミウシを探す事が
多くなってきて、ウミウシも増えてきたような気が、、、
そして本日コールマンウミウシ登場
砂地にはセトミノカサゴ登場
胸鰭が鮮やかで綺麗なカサゴの種類

セトミノカサゴ
コールマンウミウシ
カミソリウオ
アメフラシ交接中
ニシキウミウシVer1

5月29日(水)富戸ビーチポイント・海洋情報


月29日(水)
ポイント:富戸
天気:晴れ 気温:23℃ 水温:17~19℃
透視度:8m  海洋況:良好

昨夜は大雨でしたが、本日は昨夜の雨が嘘のように快晴
日差しが強く気温も上昇で暑い一日
心配されたうねりもなく、穏やかなコンディション
透視度も良好でした。
アオリイカの産卵を見てきましたーーー
その近さに驚き、まさに目の前
カップルに別の雄が入り込み、戦う雄同士のバトル
メスは懸命に産卵している様子が観察できました。
他にも大きなネコザメ
キビナゴの群れ、アジの群れ、ネジリンボウなど
観察出来、楽しめました。

極近・アオリイカ産卵
アオリイカ産卵は感動的

5月26日(日)伊豆海洋公園ビーチポイント・海洋情報


月26日(日)
ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:22℃ 水温:17~19℃
透視度:6~8m 海洋状況:良好

最高です!天気良くて、穏やかで、
気温も上がり、初夏の気候
濁りはあるものの透視度もまずまず
人気の生物が続々登場
オガサワラカサゴの小さな幼魚
動かず、鰭を広げて止まって姿が
可愛く、心ときめく
カミソリウオ、カスザメなど
砂地に多くの生物が見られました。

オガサワラカサゴ
大きなカスザメ
サラサゴンべ
ベニシボリガイ

5月16日(木)伊豆海洋公園ビーチポイント・海洋情報


月16日(木)
ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温:22℃ 水温:18~19℃
透視度:4~6m  海洋況:うねり弱

少しうねりが残り、潜水注意でオープンしましたが
ほぼ問題なく穏やかになりました。
しかし、透視度が急激ダウン
濁り入りましたねーーー
曇り空で濁り、水中は暗い
その暗さでウミガメがかなりリラックスしてしている
ように見える
人間で言うならば、大の字に伸びきっているポーズ
砂地に降りてみるとウミテングがいたので接写
クロスジウミウシもいて
カイメンの上にちょこんと乗っているウイゴンべ
泳ぎがうまくないようで、泳ぎ方もぎこちないように見え
ちょっと泳いでは、すぐに着底、こちらを警戒

ウミテングの伸びたオデコ
クロスジウミウシ
ウイゴンベ
まったり休憩中・ウミガメ

5月15日(水)伊豆海洋公園ビーチポイント・海洋情報


月15日(水)
ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れのち曇り 気温:22℃ 水温:18~19℃
透視度:8~12m  海洋況:まずまず良好

昨日までの大きなうねりの波、揺れは無くなり
ほぼ穏やかなコンディション
やや濁りのある透視度です。
水深を落とすとクリアになるので、少し深場へ
この魚、ツルグエ
30m付近の岩礁域に暮らす
暗がりが好きなようで、近づくとすぐにひっこんでしまう
珍しい種ではないけど、近場で見る事が出来ず
ダイバーの目に付きにくい魚
見つけると鮮やかな黄色の体色が目立ちます
伊豆~台湾、パラオなど西部太平洋に分布するハナスズキの一種
マツカサウオ幼魚も同じ岩陰にいました。
黄金色が鮮やかで、目立ちすぎ、ツルグエと同じく暗がりが
好きな種です。

深場、暗がり大好き・ツルグエ
近づけば、そっぽをむくマツカサウオ

5月14日(火)伊豆海洋公園ビーチポイント・海洋情報


月14日(火)
ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温:20℃ 水温:18~19℃
透視度:8~12m  海洋況:潜水注意

昨日は大雨警報が発令
雨が強く、大きなうねりが入りクローズ
今日もうねりが残り、潜水注意でオープン
うねうねザバザバ
浅場はかなり揺れ、透視度も悪かったのですが、
沖に出るとクリアなブルー
浅場の揺れを避け、少し水深を取り
アカホシカクレエビのいるエリアへ
スナイソギンチャクに住むアカホシカクレエビ
キッカイソギンチャクに住むアカホシカクレエビ
ヤギを咥えて体を固定するアオサハギ
それぞれに自分の好きな環境で暮らしているようです。

スナイソギンチャクに住むアカホシカクレエビ
キッカイソギンチャクに住むアカホシカクレエビ
揺れに耐えるアオサハギ