タグ別アーカイブ: 伊豆海洋公園

10月11日(月)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


10月11日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:26℃ 水温:23~26℃
透明度:10~12m 海洋状況:良好

晴天、穏やかなコンディションで透明度良好
連日、夏日が続き10月とは思えない日差しと気温
気持ちの良いダイビングが楽しめました。

キビナゴが凄い!浅場に大群で見れています。
送り出しの入り江に例年通りのアカハチハゼ登場!

可愛い幼魚で砂を含んではモグモグ
鰓から吐き出し、砂のクリーニングしている様子が
観察出来ています。

浅場に登場!アカハチハゼ
浅場に登場!アカハチハゼ

10月8日(金)熱海ボートポイント・海洋情報


10月8日(金)ポイント:熱海
天気:晴れ 気温:28℃ 水温:20~26℃
透明度:8~10m 海洋状況:良好

天気は最高で10月とは思えない夏日
気温は上がり、日差しは夏の強さ
異常気象ですねーーー

来週末に控えたツアー視察の為、熱海ボートポイントに行ってきました~
大変穏やかなコンディションでべた凪
1本目はビタカ根、2本目に沈船
ビタカ根は透明度良く、ダイナミックな根全体が見え
根の横にウミガメが休んでいました。

近くにヒゲダイ、名前の通り顎鬚が特徴的
ヒゲダイと言えば、千葉の海にいる印象ですが
熱海にもちょこちょこ、姿を現すようですね。

2本目は沈船
イサキ、タカベの群れが船を取り巻きトルネード状態
濁りがあり透明度はイマイチながら、雰囲気出してますねーーー
その中でナガハナダイ、サクラダイ、キンギョハナダイが群れ
体色の鮮やかな魚達が華を添えていえるよう、、、

満足のボートダイビングで、視察完了!
絶対に面白くて、楽しめる事、間違いなし!!

熱海ボートダイビング
熱海ボートダイビング
ウミガメ休憩中
ウミガメ休憩中
顎鬚が目立つヒゲダイ2匹
顎鬚が目立つヒゲダイ2匹
色鮮やかナガハナダイ婚姻色
色鮮やかナガハナダイ婚姻色

10月7日(木)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


10月7日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:22℃ 水温:23~26℃
透明度:8~10m 海洋状況:良好

少しざわつきはありましたが、問題なく
ほぼ穏やかなコンディション
昨日に比べると、少し濁りのある透明度
綺麗だっただけに、ちょっと残念!

遭遇率高めのウミガメ
今日も登場!

クエ2個体が砂地でホンソメワケべラに
クリーニングされている様子が観察できました。
M超えの大きなクエです!

ベニマツカサ幼魚が漁礁に住み着いています。
小さな個体で、鮮やかな赤の体色
今日はアカシマシラヒゲエビの近くにいて
クリーニングされてる?

ウミガメ登場!
ウミガメ登場!
大きなクエ
大きなクエ
m超・クエ
m超・クエ
ベニマツカサとアカシマシラヒゲエビ
ベニマツカサとアカシマシラヒゲエビ

10月6日(水)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


10月6日(水)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:28℃ 水温:22~26℃
透明度:10~12m 海洋状況:良好

天気が良く、気温も上がり10月とは思えない夏日
大変穏やかなコンディションでオープンしました。
透明度も良好!青く、綺麗な水が広がっています。

水深10m以浅にキビナゴが群れ
カンパチ、イナダの群れがガンガン追い回し
ダイバーのいる事なんか、全く気にする事もなく
目の前を横切る、、、、
近すぎてフレームアウトなイナダ

そして送り出しの入り江、浅場に現れた大きなコショウダイ
こんな浅場に現れるとは、、、珍しい事

セナキルリスズメダイ
この魚、浅場にいるイメージなんですけど、、、
海洋公園の場合、水深30m付近にいるんです、、、
多分、浅場が大きく荒れるから深く、深く、
移動するんでしょうね。

砂地にカスザメが隠れていたので
今日は顔のドアップ画像をご紹介!

沖漁礁ではウツボの上にアカシマシラヒゲエビが
乗りクリーニング中
ウツボは気持ち良さそうに見える!!

完全なるフレームアウト・イナダ
完全なるフレームアウト・イナダ
浅場に登場コショウダイ
浅場に登場コショウダイ
名前の通り背中が黄色のセナキルリスズメダイ
名前の通り背中が黄色のセナキルリスズメダイ
カスザメ・顔のドアップ
カスザメ・顔のドアップ
只今クリーニング中・アカシマシラヒゲエビ
只今クリーニング中・アカシマシラヒゲエビ

8月23日(月)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


8月23日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温:28℃ 水温:23~26℃
透明度:8~13m 海洋状況:良好

雲の多い空模様でしたが、
大変穏やかな凪のコンディション
やや濁りのある浅場の透明度でしたが、
水深を落とすとクリアな水が広がりますが、
水温が下がり、ややヒヤッと、、、

温かな水深10m以浅ではキビナゴが
温かゾーンに押し上げられた大群に囲まれます。
キビナゴをカンパチの群れが追いかけまわす様子は
迫力ありますねーーー

ウミウシの仲間・ヤマトメリべ
岩の側面をゆっくりと移動している姿が見れました。
綺麗とか可愛いとか、ほど遠いウミウシの仲間

群れるスカシテンジクダイ
体の中が透き通り、透明感が半端ない魚

砂地にウミテング幼魚も見れました。
見た目は、ほぼ小石

他にもカミソリウオ
クマノミの卵、ハタタテハゼの人気の魚も観察できています。

大きな口を持つヤマトメリべ
大きな口を持つヤマトメリべ
透明感半端ないスカシテンジクダイ
透明感半端ないスカシテンジクダイ
見た目は小石・ウミテング幼魚
見た目は小石・ウミテング幼魚

8月22日(日)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


8月22日(日)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:30℃ 水温:23~26℃
透明度:13m 海洋状況:良好

プール講習続きでログがおろそかになりました。
久々の海は快晴、大変穏やかなコンディション
最干潮の時間に当たり、潮が引いていましたが
凪なので、楽々エントリー
透明度も良好で、綺麗でした。

浅場に住む、アオリイカの子供達が漂い
日に照らされ綺麗で群れの数も日々に増えています。

浅場の亀裂に、ついについに
今年も登場、タテジキンチャクダイ幼魚!
成長し、模様が変わる様子が観察出来る事でしょう。

水面にアオリイカ子供達の群れ
水面にアオリイカ子供達の群れ
今年も来ました~タテジマキンチャクダイ幼魚
今年も来ました~タテジマキンチャクダイ幼魚

8月16日(火)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


8月16日(火)ポイント:伊豆海洋公園
天気:雨のち曇り 気温:27℃ 水温:23~25℃
透明度:13m 海洋状況:波あり

風が吹き込み、やや波が立ちましたが、
水中は穏やかで透明度も良好

またまたアオリイカの産卵が始まり、
産み付けられたばかりの純白の卵が
産卵床の中で少しづつ増えてきています。
大きな親イカが近づいてきては、
産卵床の中に入り、一心不乱に産み付ける。
通年なら、すでに終わっているはずの産卵の
サイクルが年々変化
まだまだ産卵は続くようです。
目の前で繰り広げられる産卵シーン
面前で見られるチャンスもあと少し
是非、神秘的なシーンを見に来てください。

アオリイカ産卵
アオリイカ産卵
産み付けられたばかりのアオリイカ卵
産み付けられたばかりのアオリイカ卵

8月14日(土)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


8月14日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:雨のち曇り 気温:30℃ 水温:23~25℃
透明度:13m 海洋状況:良好

朝からしとしと雨
風も南西から強く吹き、エントリー口に
風が入り込んだ為、やや波が立ちましたが、
問題なく、水中は快適で透明度良好

1本目はブリマチの根へ
圧倒的な群れが根全体を包み込んで
キビナゴは川のように流れ回遊
まさにキビナゴリバー、、、
群れ群れ、圧倒的な群れが楽しめました。

砂地にはセミホウボウ
いつ見ても鰭を広げた姿は美しい
宇宙船をイメージするのは僕だけ?

カスザメ、ミナミハコフグ幼魚、カミソリウオなどなど
人気の生物が豊富に見る事が出来ました。

砂地で見られているセミホウボウ
砂地で見られているセミホウボウ
ウミテング
ウミテング
ミナミハコフグ幼魚
ミナミハコフグ幼魚
カスザメ
カスザメ

6月24日(木)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


6月24日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇りのち晴れ 気温:26℃ 水温:20~21℃
透明度:10~15m 海洋状況:良好

穏やかなコンディションで、透明度も良好
水温も高く、魚群も増えて、
水中は華やかになってきました。

シコクスズメダイ幼魚とアマミスズメダイ幼魚
そっくりな見た目だけど、
アマミスズメダイ、もっと小さなステージでは
真っ黒な体色、光る青の縁取りだけど
成長し、成魚に近づくと模様が変わり
シコクスズメダイ幼魚そっくりになる。

シコクスズメダイ幼魚にも光る青い縁取りが
見える、今、見られているこの2種を見比べて
みても面白い、、、

敵から身を守るため、
イソギンチャクの下に住むマルガザミ
昨年よりも随分と大きくなっていたのでビックリ!

砂の中に隠れる為、背びれ、尾ひれをたたむカスザメ
砂に隠れ、他の魚を一撃必殺で捕食
ヒレを少し持ちあがてみた、、、

クマノミの産卵も始まっています。
さぁ、今年は何回産卵する事でしょう?

浅場ではカエルウオが元気よく、泳ぎ回っていますが
穏やかなコンディション限定でしか見られないので
今がチャンス!

黒×白+青の縁取り・シコクスズメダイ幼魚
黒×白+青の縁取り・シコクスズメダイ幼魚
黒×白+青=アマミスズメダイ幼魚
黒×白+青=アマミスズメダイ幼魚
イソギンチャクの下が住家・マルガザミ
イソギンチャクの下が住家・マルガザミ
カスザメの尾ひれを持ち上げてみた、、、
カスザメの尾ひれを持ち上げてみた、、、
クマノミ産卵始まる
クマノミ産卵始まる
産卵間近・カエルウオ
産卵間近・カエルウオ

6月16日(水)伊豆海洋公園ビーチ・海洋情報


6月16日(水)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇りのち雨 気温:26℃ 水温:18~20℃
透明度:10~13m 海洋状況:良好

曇り空からしとしと雨に変わりましたが、
穏やかなコンディションで、透明度も良好です。

話題となっているジャパニーズピグミーシーホース
通称ジャパピグ
小さく、擬態上手で海草に紛れている為、探すものも
大変なタツの仲間
日によって、見つかったり、見つからなかったりで
ガイド泣かせな魚ですね~
見つけてもなかなかこちらを見てくれないので、
撮影は難しい、、、

コスジイシモチの口内保育が始まりました。
口の中で卵を飲まず食わずで孵化まで育てます。
まだ保育が始まったばかりで口が膨れてます。

セナキルリスズメダイ
大きな個体がいました~
今まで見た中で一番大きいと思える個体
堂々として、近づいても引っ込まない良い子

擬態上手・ジャパニーズピグミーシーホース
擬態上手・ジャパニーズピグミーシーホース
口内保育中・コスジイシモチ
口内保育中・コスジイシモチ
大きな個体・セナキルリスズメダイ
大きな個体・セナキルリスズメダイ