p-fish のすべての投稿

ダンゴウオたくさん、、、


2018年ドライスーツレンタル無料キャンペーン中!!
寒い冬もぬくぬくドライスーツで快適に、、、

※明日18日は臨時休業させて頂きます。

2月17日(土)ポイント:須崎
天気:晴れ 気温:9℃ 水温:14℃
透明度:20m  海況:穏やか

天気は良かったのですが、風が強く
体感温度が急激に低下
沖では白波が、激しく立っていました。
透明度はクリアな水が広がり、最高です!

ダンゴウオ、一本狙いで九十浜へ
潜ってみると、ハッチアウトしたばかりの
極小ベービーがいっぱい、、、あちこちに居て
海草の上にのっている1個体を見ていると、
2個体、3個体と集まり
ダンゴウオが、自ら寄ってくるという、、、
今までにない、生態を見ました。
ハッチアウトしたばかりだと、仲間のところに
集まってくる!?

体長2mmダンゴウオ・ベービー Photo by Mr.NAGATA
体長2mmダンゴウオ・ベービー Photo by Mr.NAGATA
天使の輪が頭上に輝く!Photo by Mr.NAGATA
天使の輪が頭上に輝く!Photo by Mr.NAGATA

冬の生物、続々登場、伊豆海洋公園


2018年ドライスーツレンタル無料キャンペーン中!!
寒い冬もぬくぬくドライスーツで快適に、、、

※2月17日(土)はダンゴウオDAY ダンゴウオを観察、
撮影に須崎に行きます。参加者募集!

2月16日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:8℃ 水温:14℃
透明度:15~20m  海況:波弱

天気は昨日と同じく快晴
しかし、また気温が下がりやや肌寒い感じました。
風向きが変わり、今日は東風
少しエントリー口に波が立ちましたが
穏やかなコンディションでした。
透明度も良好です!
水温が下がっているので、クマノミは
イソギンチャクから出て来ず、寒そうに感じます。
まるで、布団から出てこないで丸まっている、、、
そんな感じです。

イソギンチャクの中でぬくぬく?クマノミ幼魚
イソギンチャクの中でぬくぬく?クマノミ幼魚

オオモンカエルアンコウ
今日はゆっくりと動き、移動していました。

動きがゆっくりで、可愛いオオモンカエルアンコウ
動きがゆっくりで、可愛いオオモンカエルアンコウ

超浅場の砂溜りに、大きなベニシボリガイがいました。
特徴である貝殻のシボリ模様がはっきりとして大変綺麗
今年は個体数が多いようで、高確率で出会えています。
今でしか、見られないベニシボリガイ
今が出会えるチャンスです。

模様が綺麗、ベニシボリガイ
模様が綺麗、ベニシボリガイ

明日は西風が強く吹く予報なので
穏やかなコンディションで間違いないでしょう!

西風が吹き、大変穏やかなコンディション


2018年ドライスーツレンタル無料キャンペーン中!!
寒い冬もぬくぬくドライスーツで快適に、、、

※2月17日(土)はダンゴウオDAY ダンゴウオを観察、
撮影に須崎に行きます。参加者募集!

2月15日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:15℃ 水温:14℃
透明度:15~20m  海況:凪

今日も晴天、春一番が吹き、気温が急上昇
久々に暖かな春を感じる気候でした・

西風が強く吹いた為、大変穏やかなコンディション
透明度もクリアな水が広がり、大変綺麗です。

水深30m付近にサギフエが一匹上がってきていました。
水温が高い時には、水温の低い深場に群れでいるのですが
水温が下がると、我々の目に付くところに上がってきます。
止まっている時は頭を下に体を立てているのですが
泳ぐ時は体を横にして素早い動き!
この魚を見ると、水温が下がってきているんだなぁ~と
実感します。

サギフエ
サギフエ

その近くの砂地にはカスザメ幼魚
ここ数年でカスザメの個体数が急に増えてきたように
感じます。
大きさが分かるように横にウエイトを並べてきました。

砂地にてカスザメ幼魚
砂地にてカスザメ幼魚

さらに、サギフエが身を寄せていたヤギに
イボイソバナガ二が住み着いていました。

イボイソバナガ二
イボイソバナガ二

透明度、コンディション回復!


2018年ドライスーツレンタル無料キャンペーン中!!
寒い冬もぬくぬくドライスーツで快適に、、、

※2月17日(土)はダンゴウオDAY ダンゴウオを観察、
撮影に須崎に行きます。参加者募集!

2月12日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:8℃ 水温:14~15℃
透明度:15~20m  海況:緩いうねり

昨日の大きなうねりは、西からの強風により
治まり、緩いうねりの波はありますが
穏やかなコンディション
昨日の白っぽい透明度も回復
今日はブルーの水が広がり綺麗でした。

透明度が良くなったので、ブリマチに遠征
移動途中、アオウミガメがエサを食べている場面に遭遇
夢中で食べているので、近づいても逃げず、最接近

アオウミガメ、ブリマチの根にて
アオウミガメ、ブリマチの根にて

ヒカリボヤが漂っていました。
ヒカリボヤは多数の小さな個体が集まり、
筒状の形を形成する動物、サルパ類の動物だと思っていたら
ヒカリボヤ科という、サルパ類とは違った種類、、、
形、色、漂う姿が目を引く動物ですね。

プランクトンの一種、ヒカリボヤ
プランクトンの一種、ヒカリボヤ

フィッシュアイで撮れる被写体のリクエストだったので
今日はマクロ生物情報なしです。
透明度良かったので、中層の移動も楽しかったです。

今日は潜水注意!衝撃の事実、、、


2018年ドライスーツレンタル無料キャンペーン中!!
寒い冬もぬくぬくドライスーツで快適に、、、

2月11日(日)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:13℃ 水温:14~15℃
透明度:10~12m  海況:ややザブザブ

昨夜は低気圧が通過、激しく雨が降りましたが
今日は朝から快晴、気温も上がりポカポカ
ダイビング日和となりましたが、低気圧の影響で
うねりが発生、ザブザブ、潜水注意でした。
透明度は白っぽく、下がりましたが
うねりの揺れが治まれば回復は早いでしょう!

ある衝撃的な事実が判明
出会うと金運上昇のご利益があると言われ
今や都市伝説となっている黄金ヒラメ
実は2個体居る事が判明
同時刻にエントリーした先輩ガイドが砂地で遭遇
店主は1.5の根で遭遇
以前から体色の変化が激しく、少し大きさも違うように感じ
おかしいとは思っていたのですが
まさか、珍しい黄金色の個体が2個体
居たとは衝撃!!!
1ダイブに2個体、出会えれば
ジャンボ宝くじ当たるかも!?的な欲望丸出しは反省です。
(by店主)
今日見た個体と先日見た個体を比較してみましょう!

黄金ヒラメVer1
黄金ヒラメVer1
黄金ヒラメVer2
黄金ヒラメVer2

いつの間にか、アカシマシラヒゲエビも2個体
ペア?になっていました。

アカシマシラヒゲエビ・ペア?
アカシマシラヒゲエビ・ペア?

コンディション最高!in伊豆海洋公園


2018年ドライスーツレンタル無料キャンペーン中!!
寒い冬もぬくぬくドライスーツで快適に、、、

2月10日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:13℃ 水温:14~15℃
透明度:15~20m  海況:良好

今日も晴天
気温も上がり、ポカポカ、暖かい日でした。
風も西風、大変穏やかなコンディション
透明度も安定して良好でした。

送り出しの入り江にはキビナゴの群れ
砂地にはイサキ、グルクンの群れが回遊
水中が明るいので、群れがはっきり見え
かなり癒されます。

砂地のかけあがりを住家にしたクエ
以前は近づくと、すぐに岩の間に姿を隠していましたが
最近では慣れ、近づける様になり
今日は岩に体を擦り付け、寄生虫を取り除いている様子が
観察出来ました。

大きなクエ
大きなクエ

体色の綺麗なミナミゴンべ
ゴンべ類の魚は色が鮮やかな個体が多く
動かず、じっとしている個体が多いので
モデルとしては最高です!

ミナミゴンべ
ミナミゴンべ

コンディション絶好調!さらに快晴!


2018年ドライスーツレンタル無料キャンペーン中!!
寒い冬もぬくぬくドライスーツで快適に、、、

2月9日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:11℃ 水温:14~15℃
透明度:15~20m  海況:良好

今日も快晴、穏やか、透明度も良く
気温も上がり、風もなくグッドコンディション
連休前に、暖かで穏やかな絶好のダイビング日和でした。

卵から産まれ出たばかり、と思えるネコザメ幼魚が
今シーズン初登場!

ハッチアウト直後、ネコザメ幼魚
ハッチアウト直後、ネコザメ幼魚

体は細く、弱々しい感じのする幼魚で
横にウエイトを並べてみたので、大きさが分かります。
小さいうちは動きが少なく、じっとしているので
じっくりと見る事が出来、弾けるような可愛さが
伝わると思います。

ネコ目なネコザメ幼魚
ネコ目なネコザメ幼魚

帰ってきた黄金ヒラメ
体色がさらに鮮やかになり、目に映えるような黄色に
なっています。
今日は食事した直後なのか、お腹がぷっくりと
大きくなっていました。

さらに綺麗に、、、黄金ヒラメ
さらに綺麗に、、、黄金ヒラメ

春にかけ、多くの幼魚達が登場しますが
今、オキゴンべの小さな幼魚が目立ち
今日はピンクのトゲトサカの上に乗っていました。
ピンクに黄色の幼魚、コントラストが映えます。

かなり綺麗さ炸裂、オキゴンべ幼魚
かなり綺麗さ炸裂、オキゴンべ幼魚

明日から始まる連休が楽しみです。

空気は澄み、伊豆七島もはっきり!


2018年ドライスーツレンタル無料キャンペーン中!!
寒い冬もぬくぬくドライスーツで快適に、、、

2月8日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:8℃ 水温:14~15℃
透明度:15~20m  海況:うねり弱

今日も気持ちよく晴れ、空気が澄んでいるので
伊豆大島の山頂に積もった雪、
伊豆七島の島々もはっきり見えました。
気温は上がらず寒い一日でした。
いつまで寒い日が続くのでしょう、、、?

IOPを潜るのが、初めて
リクエストはマクロとの事で、
近場をじっくりと回ってきました。

オオモンカエルアンコウ、イロカエルアンコウの
定番、人気生物を見つつ
ベニシボリガイも卵を産み付ける今のシーズンが
高確率で、見られるチャンス
今日は元気な、よく動く個体を見る事が出来ました。
動き出すと、体が貝殻から出て、半透明な体が
透き通り大変綺麗です。

産卵真っ盛り
産卵真っ盛り
顔アップ・イロカエルアンコウ
顔アップ・イロカエルアンコウ

潜水エリアが広いIOP
近場から少しづつ、距離を伸ばし
2の根、ブリマチの根に遠征してみると
さらに面白さが広がる事でしょう!

冬晴れ、良好なコンディション


2018年ドライスーツレンタル無料キャンペーン中!!
寒い冬もぬくぬくドライスーツで快適に、、、

2月7日(水)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:8℃ 水温:14~15℃
透明度:15~20m  海況:良好

快晴、風もなく、穏やかで透明度も良く、
コンディション、良好です!

暖かい南国ツアーから帰り
久々、冷たい伊豆に潜りましたが
ドライスーツと温かインナー着用で
寒さを感じず、快適です。
透明度も良く、日差しが頭上から燦燦と降り注ぎ
水中は明るく、南国にはない面白さがある伊豆
やっぱり、楽しいですね!
伊豆の楽しさを再認識します。

1の根周りをゆっくりと潜ってきましたが
オオモンカエルアンコウが大きく口を開けた
シーンに出会う事が出来ました。
何回も開けたり、閉じたり、、、
瞬間に会えると、嬉しいものです。

伸びる、伸びる、口
伸びる、伸びる、口

なんか動くものがいるなと
見上げるとコブダイ
超接近で、最近、馴れ馴れしい

どこまで近づいてくる?
どこまで近づいてくる?

極小シモダイロウミウシ
人差し指の大きさと比べてみると
よくわかります。
こんだけ小さいの見つけると
嬉しいのは伊豆ダイバーの証!

数ミリ、、、でもよく動く、シモダイロウミウシ
数ミリ、、、でもよく動く、シモダイロウミウシ

陸は寒く、水中は熱く、いぶし銀の楽しさ


2018年ドライスーツレンタル無料キャンペーン中!!
寒い冬もぬくぬくドライスーツで快適に、、、

※2月1~6日までモアルボアルツアーの為
お休みさせて頂きます。

1月30日(火)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温:8℃ 水温:14~15℃
透明度:15~20m  海況:波弱

薄曇り、今日も寒い一日でした。
弱い波が入り少し揺れていましたが、まずまず良好
透明度も安定して良い感じです。
ブリマチ方面に行って来ました。

まず目に飛び込んできたのが、ドチザメ
着底していたので、少し距離を取って、
カメラの電源を入れたところ、こちらの動きを察知
ゆっくりと体を起こし泳ぎ去っていきました。
なので、証拠写真程度

ドチザメ
ドチザメ

綺麗な白いスナイソギンチャクの中に
ハクセンアカホシカクレエビが住み着いています。
スナイソギンチャクの白に、透き通る透明な体のエビ
コントラストが大変綺麗です。

ハクセンアカホシカクレエビ
ハクセンアカホシカクレエビ

小さなトゲチョウチョウウオ幼魚が居ました。
まだ体の模様がはっきりしないステージの幼魚
水温の低い、このシーズンに見つけると嬉しいですね!

トゲチョウチョウウオ幼魚
トゲチョウチョウウオ幼魚

陸上での気温は低く寒いですが、
生物は充実、熱い、熱い、、、
夏から秋のような、魚がいっぱいな感じではありませんが
いぶし銀の楽しさがある、このシーズンです。