北東からの風ざぶざぶ


野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムツアー

10月5日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温22℃ 水温:23~25℃
透明度 : 10~12m 海洋状況:潜水注意

北東からの風が吹いた為、ややざぶついたコンディションで
潜水注意でした。
透明度も変わらず、まずまずな感じです。

送り出しの入り江にて見られている魚達
狭いエリアの送り出しの入り江ですが
意外に多種多彩で生物が観察できます。
岩の亀裂の隙間はノコギリヨウジのクリーニングステーション
ウツボ、タカノハダイ、アオブダイなどなど
多種多彩な生物のクリーニングしている姿が観察できます。

ノコギリヨウジ
ノコギリヨウジ

個人的に好きな魚、マダラトラギス
トラギスに比べると個体数が少なく、白と黒のパンダカラー
シンプルながら意外に目立ちます。

マダラトラギス
マダラトラギス

2匹のストーカー・フィッシュ


野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムツアー

10月4日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温21℃ 水温:23~25℃
透明度 : 10~12m 海洋状況:うねり弱

風が吹き込んだ為、少し波立ちましたが
ほぼ穏やかなコンディション
透明度も少しアップしました。

昨日に続き、今日もワイド生物の登場
ここ最近、送り出しの入り江で、よく見られる
コブダイ、イシダイの2匹
送り出しの入り江から後ろをついてくるストーカー
エサくれ、エサくれ、、、

イシダイ
イシダイ

警戒心の強いイシダイにしては珍しい光景

コブダイはいつもの事ですが、ガチャ歯が妙に不細工

コブダイ
コブダイ

伊豆諸島、伊豆半島では珍しくないコショウダイ
しかし伊豆海洋公園で見られるのは稀
分厚い唇が特徴的で愛らしい?魚ですね。

分厚い唇、コショウダイ
分厚い唇、コショウダイ

穏やかなコンディションでオープン


野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムツアー

10月3日(水)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温24℃ 水温:23~25℃
透明度 : 6m 海洋状況:穏やか

台風後のうねりは無くなり、穏やかなコンディション
やや透明度はダウンし暗く感じます。

しかし、今日はワイドな生物が目白押しで登場
1ダイブ目はブリマチの根
キビナゴの大群を追いかけ、イナダの群れが回遊
圧巻の弱肉強食の世界が目の前で繰り広げられました。

イナダの群れ
イナダの群れ
キビナゴ、トルネード
キビナゴ、トルネード

砂地にはカスザメが口をバクバクと開け
目の前にて生態観察!

カスザメ、砂地にて只今アクビ中
カスザメ、砂地にて只今アクビ中

水温が下がり始めたので、サメ、エイがダイバーの見える
エリアに上がってきました。

サカタザメ登場!
サカタザメ登場!
ホシエイ
ホシエイ

そして、中層にはイトヒキアジ幼魚
ヒレの糸をなびかせ突如目の前に登場
目にははっきりと見えるのですが、写真では証拠程度になりました。

遠目にイトヒキアジ幼魚
遠目にイトヒキアジ幼魚

マクロからワイドまで、お腹いっぱいのダイビングを
楽しめました。

コンディション回復


野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムツアー

10月2日(火)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温25℃ 水温:23~25℃
透明度 : 10~12m 海洋状況:うねり弱

昨日の荒れっぷりが嘘のような回復ぶり
少しうねりは残りましたが、穏やかなコンディション
台風直後だけに透明度は白っぽいですが、
こちらもまずまず良好!

サザナミヤッコ幼魚、小さな個体があらたに登場
岩の亀裂の隙間をフラフラと泳ぎ回っています。
今年はサザナミヤッコ幼魚、個体数が多く
各所で観察出来ています。

サザナミヤッコ幼魚
サザナミヤッコ幼魚

カスザメも水温が下がりつつあるので
浅場に上がってきました。

砂地にて、カスザメ
砂地にて、カスザメ

キビナゴの群れは頭上をガンガン回遊している様子が
観察できています。

半端無い荒れっぷりで潜水禁止


野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムツアー

10月1日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:29℃ 水温:━・━
透明度:━・━ 海況 : 潜水禁止

台風一過で晴天
気温もぐんぐん上がり、夏日となり
海は半端無い荒れっぷりで潜水禁止でした。

台風の影響で大きなうねりが入りどっかんどっかん
台風の影響で大きなうねりが入りどっかんどっかん

意外に穏やか、富戸ヨコバマ


野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムツアー

9月30日(日)ポイント:富戸・ヨコバマ
天気:曇りのち晴れのち雨 気温24℃ 水温:25~26℃
透明度 : 10m 海洋状況:うねりあり

台風の影響が心配されましたが、思ったより
うねりが入らず、潜水注意でオープンしました。
水中は浅場少し揺れましたが、透明度もまずまず良好

エントリー口、水面にイワシはの大群
イロカエルアンコウは動いていましたが
可愛い正面顔が見れました。
可愛さから、やはり人気の高い魚ですね。

秋から初冬のシーズンアイドル、イロカエルアンコウ幼魚
秋から初冬のシーズンアイドル、イロカエルアンコウ幼魚

徐々に台風の影響が


野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムツアー

9月29日(土)ポイント:八幡野
天気:曇り 気温22℃ 水温:25~26℃
透明度 : 10m 海洋状況:うねりあり

台風がまだ遠いとはいえ、徐々に影響が出始め
うねりが入り始めました。
伊豆海洋公園はクローズ、八幡野へ行ってきました。
うねりで揺れはありましたが、まずまずなコンディション

今日はダイバーも少なく、のんびりと潜れました。
カミソリウオのペアも健在
タテジマキンチャクダイ幼魚は体色、模様が綺麗で
青が光って見え、あらためて見ても綺麗

どんどん模様が変化するタテジマキンチャクダイ幼魚
どんどん模様が変化するタテジマキンチャクダイ幼魚

生物充実ダイビング


野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムツアー

9月27日(木)ポイント:八幡野
天気:曇り 気温23℃ 水温:25~26℃
透明度 : 15~20m 海洋状況:うねり弱

今日も北東の風が吹き、東伊豆のポイントが荒れた為
穏やかな八幡野へ

今日も透明度抜群!
緩いうねりの揺れはありましたが、穏やかなコンディション
人気の生物が充実、1ダイブがついつい長くなってしまいます。

こげ茶と薄緑のカミソリウオのペア
寄り添ってふらふらと泳いでいます。

カミソリウオのペア
カミソリウオのペア

スカシテンジクダイの群れを捕食しに来たカンパチ

アタックするカンパチ
アタックするカンパチ

アオリイカはイワシを見事ゲット!

捕獲成功、アオリイカ
捕獲成功、アオリイカ

キンメモドキの群れも綺麗でした。

キンメモドキの群れ
キンメモドキの群れ

見どころが多くて、時間が足りないダイビングでした。

グッドコンディション八幡野へ


野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムツアー

9月26日(水)ポイント:八幡野
天気:曇りの雨 気温24℃ 水温:25~26℃
透明度 : 15~20m 海洋状況:良好

午後からしっかり雨が降り始めましたが、
グッドコンディションの八幡野へ
穏やかで、透明度良好、生物が多く楽しめました。

久々、テンションの上がる魚が登場しました。
枯葉のように漂って泳いでいるヒゲダイ幼魚
前回、見たのはいつ?と記憶も定かでないくらい前
成魚になると口の下に髭が見られますが、
まだ薄っすらと見えてる程度の幼魚

ヒゲダイ幼魚
ヒゲダイ幼魚

タテジマキンチャクダイ幼魚は大きくなり
模様の綺麗な個体が観察できました。

タテジマキンチャクダイ幼魚
タテジマキンチャクダイ幼魚

長く観察出来ているベニカエルアンコウ
今日も同じ場所に居てくれました。

ベニカエルアンコウ
ベニカエルアンコウ

クマノミの卵はハッチアウト寸前

クマノミ卵
クマノミ卵

天気は雨ですが、コンディション最高!


野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムツアー

9月25日(火)ポイント:伊豆海洋公園
天気:雨のち曇り 気温24℃ 水温:25~26℃
透明度 : 10~13m 海洋状況:良好

久々に波も無く、大変穏やかなコンディション
透明度も良好で、秋のベストシーズン

今日もキビナゴが頭上をガンガン回遊し
ベニカエルアンコウは岩の上にちょこんと乗って
可愛い姿が観察出来ました。

ベニカエルアンコウ
ベニカエルアンコウ

砂地にはハナアナゴが顔だけ出し、近づくと引っ込み
ライトを当てると、目が光り、つぶらな瞳が綺麗です。

ハナアナゴ
ハナアナゴ

タテジマキンチャクダイ幼魚は毎年、同じ場所に現われ成長します。
別個体で間違いないのですが、この子達にとって住みやすい
環境の場所なのでしょうね、、、

タテジマキンチャクダイ幼魚
タテジマキンチャクダイ幼魚