穏やかなコンディションでオープン


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。

6月8日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れのち曇り 気温:26℃ 水温:18~21℃
透明度 : 5~15m  海況 : 良好

今日も穏やかなコンディションでした。
台風が近づいていますが、空模様も不安定で
晴れたり曇ったりの天気

春濁りのシーズンなので、浅場の透明度はんーんーな感じ
でも、少し水深をとると綺麗でした。
少し冷たいですけど、、、

黒潮の接近を感じさせるような魚達が増えてきました。
タツノイトコは海草に尾を巻き付け体を固定し、揺れに合わせ
左右にゆらゆら

タツノイトコ
タツノイトコ

ヒレを広げるとドレスを着ているようで、半透明で綺麗なヒレ
幼魚は優雅ですね。

ハナミノカサゴ幼魚
ハナミノカサゴ幼魚

大きなサメハダヤドカリが砂地にいました。
まるで、ヤシガニのような大きさ
爪に挟まれると痛い!

サメハダヤドカリ
サメハダヤドカリ

立派なモヒカンヘアーを持っているアライソコケギンポ
穴から顔を出し、体を出したり、引っ込めたり、
意外に忙しいアライソコケギンポ

アライソコケギンポ
アライソコケギンポ

水温が上がり、生物が増え、見所が多くなってきました。

最高の天気とコンディションの初島へ


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。

6月5日(火)ポイント:初島(ニシマト)
天気:晴れ 気温:27℃ 水温:20~21℃
透明度 : 5m  海況 : 良好

最高の天気と穏やかなコンディションの初島に
行ってきました。
しかし、残念な透明度、ニゴニゴな水中でしたが
ネコザメはネコ穴で観察でき、大きなカスザメが居たり
各種ウミウシを見る事が出来、透明度は悪いですが十分に
楽しめました。

ネコザメ・ネコ穴にて
ネコザメ・ネコ穴にて
1m超え・カスザメ
1m超え・カスザメ

夏を一足先取りの日差しと気温
久々のプチリゾートの初島を堪能しました。

穏やかなコンディション、しかし激流


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。

6月3日(日)ポイント:雲見
天気:晴れ 気温:27℃ 水温:20~21℃
透明度 : 5~8m  海況 : 良好

最高の天気で、気温は上がり夏日
今日は雲見に遠征ダイブです。
東風だったので、大変穏やかなコンディション
濁りのある透明度、そして激流
久々に流れていましたね。
でも、洞窟から見る光が綺麗でした。

洞窟入り口
洞窟入り口

排気エアーが流れで舞います。

激流で、こいのぼり状態
激流で、こいのぼり状態

良好なコンディションでオープン


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。

6月2日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:26℃ 水温:20~21℃
透明度 : 5~15m  海況 : 良好

少しうねりの揺れはありますが、穏やかなコンディション
午前中はニゴニゴの透明度ですが、午後からクリアな水が
深場から上がってきた為、綺麗になりました。

今日もカスザメがいて、見ていると口を大きく開け、バクバク
そして、泳ぎ去っていきました。

カスザメ・口をバクバク
カスザメ・口をバクバク

コンディション良好!穏やかでオープン!


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。

6月1日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温:24℃ 水温:20~21℃
透明度 : 5~8m  海況 : 良好

弱い揺れのあるコンディションで、やや濁りのある透明度
水温は上がり温かになっています。

砂地から1の根をゆっくりと回ってきました。
砂地に見られるカスザメ、成魚、幼魚と個体数多く見られるように
なってきました。
今日は手のひらサイズ、カスザメの幼魚
厚みの無い、平たいペッタンコの体

ライトと大きさ比べてみて下さい。カスザメ幼魚
ライトと大きさ比べてみて下さい。カスザメ幼魚

サカタザメも目だけを出して砂の中に隠れていました。

目だけ出しているサカタザメ
目だけ出しているサカタザメ

ハナタツの黄色の個体、綺麗で、可愛いですね。
個人的に好きです。

ハナタツ・黄色の体に赤の顔
ハナタツ・黄色の体に赤の顔

透明度回復傾向、水温上昇、IOP


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムツアー

5月31日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温:22℃ 水温:18~21℃
透明度 : 5~20m  海況 : 良好

弱いうねりはありましたが、穏やかなコンディション
浅場は濁っていますが、少し水深をとると、
クリアな水が広がる透明度です。

アドバンス講習、最終日
1の根周りをゆっくりと回ってきました。
ほぼ定位置にてハナタツのオス
お腹で卵を育てる袋、育児嚢が大きくなっていて
少しづつ育っているようです。

やはり人気高、ハナタツ
やはり人気高、ハナタツ

砂のクリーニング屋、オトメハゼ
小さな幼魚が、砂を口に含み、ホグホグ
砂の中の微生物を探し、食事中でした。

砂地にてオトメハゼ幼魚
砂地にてオトメハゼ幼魚

トウシマコケギンポが多く住む送り出しの入り江
個体別の色彩変化が観察でき、じっくりと観察してみると
個体差が分り、面白いと思います。

トウシマコケギンポ
トウシマコケギンポ

無事、アドバンス講習終了
おめでとうございます。

水温上昇、透明度回復、伊豆海洋公園


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムツアー

5月29日(火)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温:25℃ 水温:18~21℃
透明度 : 5~20m  海況 : 良好

薄曇りの天気でしたが、大変穏やかなコンディション
透明度も回復傾向で、見えるようになってきて
水深25m付近から、綺麗な水が入り、遠くまで見えます。
浅場の濁りの世界から、いきなりクリアな世界
1ダイブで2世界が楽しめました。

水温が急上昇、魚達の生態行動が活発になってきました。
ネンブツダイのメスとオスのペアリングが始まり、
観察していると、ペアの間に割り込もうとする他のオス
追い払うペアになっているオス
産卵も近いようです。

ネンブツダイのペア
ネンブツダイのペア

スズメダイは産卵の為の巣作りが始まり、
石の側面を口で綺麗に掃除
産卵し、卵を守っている姿が観察出来ています。

卵を守るスズメダイ
卵を守るスズメダイ

オトメハゼもせっせんと巣を掃除

意外に綺麗好きオトメハゼ
意外に綺麗好きオトメハゼ

綺麗なスナイソギンチャクにハクセンアカホシカクレエビが
住み着き、イソギンチャクの中をフラフラ
写真栄えします。

ハクセンアカホシカクレエビ
ハクセンアカホシカクレエビ

濁ってましたが、穏やかなコンディション


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムツアー

5月26日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温:25℃ 水温:20~21℃
透明度 : 3~5m  海況 : 良好

曇っていましたが、ドライスーツにはちょうど良く感じます。
水温も上がり、そろそろウエットスーツに良い水温になってきました。
コンディションは穏やかでしたが、透明度が下がり
本格的な春濁りの始まりを感じます。

今日はアドバンス講習を開催、1ダイブはナビゲーション
進行方向が見えないので、ナビゲーションにはちょうど良い透明度
良い練習になりました。
2ダイブ目はディープ、3ダイブ目はフォトコース
ベニカエルアンコウ、チシオコケギンポを近場で撮影しました。

ベニカエルアンコウ
ベニカエルアンコウ
チシオコケギンポ
チシオコケギンポ

さいこうさぁ~伊豆海洋公園


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムツアー

5月25日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:27℃ 水温:18~19℃
透明度 : 5~8m  海況 : 良好

今日も穏やかな海
昨日に比べると、少し透明度が上がった感じがする。
砂地に産み付けられたヤリイカの卵
中でベービーの目が光りだし、ハッチアウトも間近

光る目・ヤリイカのベービー
光る目・ヤリイカのベービー

ハナタツの個体が増え
今日は3個体が確認できました。
それぞれに違う個体、見比べて下さい。

ハナタツ、エントリーNO.1
ハナタツ、エントリーNO.1
ハナタツ、エントリーNO.2
ハナタツ、エントリーNO.2
ハナタツ、エントリーNO.3
ハナタツ、エントリーNO.3

今週末は天気良く、海もコンディションが良いでしょう。
皆様のお越しをお待ちしています。

ぐんぐん空が明るくなり快晴、夏日


2018年ドライスーツレンタル無料キャンペーン中!!
寒い冬もぬくぬくドライスーツで快適に、、、

野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムツアー

5月24日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇りのち晴れ 気温:26℃ 水温:18~19℃
透明度 : 5~8m  海況 : うねり弱

曇り空で肌寒い朝でしたが、ぐんぐん空が明るく青くなり快晴
気温も上がり、夏日となりました。
少しうねりの揺れはありましたが、良好でオープンしました。

エントリー口から見る青空
エントリー口から見る青空

透明度は、、、春濁り、始まりました。
クエ穴周りにイサキの大群がいましたが濁りの中から
突然、群れが出現、囲まれました。

突然現れるイサキの大群
突然現れるイサキの大群

ベニカエルアンコウ、大きな白い個体がいました。
年々、個体数が減り、見つけにくくなってきているので
レアになりつつあります。

ベニカエルアンコウ
ベニカエルアンコウ

海草に紛れ、ハナタツもいます。

ハナタツのオス
ハナタツのオス

クエはクリーニングされていました。

緑の世界にクエ
緑の世界にクエ