透明度良好、コンディション良好!


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月10日(金)ポイント:八幡野
天気:晴れ 気温:31℃ 水温:26~27℃
透明度 : 10~15m : うねり弱

まだうねりの取れない伊豆海洋公園
潜水注意でオープンしましたが、穏やかな八幡野へ
行ってきました。
少し風波はありましたが、天気は晴天、水温も高く、
透明度も良好

アドバンス講習、体験ダイビング、ファンダイビングと
3グループに分かれてのダイビングでしたが
透明度が良い為、どのグループも快適に潜れました。

エントリー口にはアオリイカ、イワシの群れ
沖にはスカシテンジクダイの大群が群れ
光に照らされ綺麗でした。

スカシテンジクダイの群れ
スカシテンジクダイの群れ

奇跡的な回復


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月9日(木)ポイント:富戸(ヨコバマ)
天気:曇りのち晴れ 気温:30℃ 水温:24~27℃
透明度 : 6~8 : 穏やか

まさか、まさかの回復
昨日夕方、海を見に行ったら波が高く大荒れで
回復には数日掛かるだろうと予測していたら
な、なんと穏やかに、、、かなりの驚き!

昨日は幹線道路R135号線も波が高く通行止め
だったにも関わらず、予想できない回復
奇跡が起こったように感じます。
海は分らないものです。

伊豆海洋公園もオープンしましたが
穏やかさが信用できず、今日は富戸にしました。

伊豆海洋公園は潮が満ちてくると波が上がりザバザバ
富戸にして正解でした。

富戸は大変静かなコンディション
アドバンス講習には最適!

講習ながら台風後の富戸は綺麗で、楽しんで講習できました。

今日も平沢ダイビングへ


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月8日(水)ポイント:平沢
天気:曇りのち晴れ 気温:29℃ 水温:25~27℃
透明度 : 5m  海況 : 穏やか

大荒れの東伊豆を横目に今日も平沢に行ってきました。
今日も平沢は穏やかなコンディション
昨日に比べると透明度は下がり、濁っていました。

しかし生物は豊富で、THEカエルアンコウはペアになり
エスカをぶんぶん振り回していました。
カエルアンコウのエスカはゴカイを真似たようです。

Theカエルアンコウ
Theカエルアンコウ

ウミテングも大きな個体が観察できました。
例年見られる伊豆海洋公園の個体より数段大きく
ウミテングらしい個体でした。

ウミテング
ウミテング

帰りに海岸線を見てきましたが、波の高さが半端無く
明日も絶望的なコンディションでした。

台風の影響あり


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月7日(火)ポイント:平沢
天気:曇りのち晴れ 気温:29℃ 水温:25~27℃
透明度 : 5~10m  海況 : 穏やか

台風の影響で東伊豆は全域クローズとなり
今日は大変穏やかな西伊豆・平沢に行ってきました。
東伊豆の荒れっぷりが嘘のように凪
透明度は良いとは言えませんが、まずまず

平日とは言え、やはり夏
多くのダイバーで賑わっていました。

台風の薄っすらとしたうねり


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月6日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:32℃ 水温:21~27℃
透明度 : 8~12m  海況 : 穏やか

また台風が伊豆に向け北上中です。
穏やかだったコンディションも台風の薄っすらとした
うねりで揺れ始め、透明度もやや白っぽくダウン

台風が心配されますが、生物は豊富に見られ
レアな在来種、死滅回遊魚も多彩

今日はハナタツがペアになっていました。
時々顔を出すオス、普段はどこに隠れているのか?
ハナタツが2匹並ぶと絵になりますね。

ハナタツのペア
ハナタツのペア

カミソリウオも少し移動していましたが
無事、観察できました。

砂地にてカミソリウオ
砂地にてカミソリウオ

サザナミヤッコ幼魚も少し大きくなった?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イワシもガンガン回遊し、カンパチの群れは
イワシを追い回しアタックしているシーンを
目の前で観察できました。

イワシの大群
イワシの大群

前回の台風からコンディションが回復
魚も戻ってきたのですが、今回の台風で
またリセットしそうです。

超凪、超コンディション最高!


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月5日(日)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:32℃ 水温:24~27℃
透明度 : 10~12m  海況 : 穏やか

天気良し、大変穏やかなコンディションの上に
透明度良好、水温も高く、死滅回遊魚も続々登場
楽しくないはずが無い!

ネコザメの卵も浅場で見られ、中に幼魚の姿も確認できます。

ネコザメの卵
ネコザメの卵

砂地でカワハギの産卵シーンに遭遇
砂の窪地に体を横たえ産卵
その後、胸鰭で卵を砂にまぶす行動

カワハギ産卵
カワハギ産卵

エントリーロープの周りにはアオリイカベービーが
群れになり、太陽光に照らされ綺麗です。

アオリイカベービー
アオリイカベービー

がんがん、回遊魚、回遊


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月4日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:31℃ 水温:24~27℃
透明度 : 10~12m  海況 : 穏やか

大変穏やかなコンディション
浅場は透明度良好、水温も高く、少し水深を落とすと
流れがあり、濁りの入った潮が入ってきました。

連日、新顔の見られる死滅回遊魚
前日見つかった今シーズン初のカミソリウオ
今日も見る事が出来ました。

今シーズン初登場・カミソリウオ
今シーズン初登場・カミソリウオ

サザエの貝殻から顔を出すニジギンポ
ペアになり、交互に顔を出す珍しいシーンに遭遇

ニジギンポ
ニジギンポ

クマノミの卵の中でベービー達の目がはっきりと見えます。

クマノミ・ベービー
クマノミ・ベービー

そして、スカシテンジクダイは群れになり
カンパチの群れが、がんがん回遊
ヘコアユの小さな幼魚も登場

話題尽くしの新顔登場です。

多彩な死滅回遊魚登場!


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月3日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:33℃ 水温:24~27℃
透明度 : 8~12m  海況 : 穏やか

今日も穏やかなコンディションでした。
透明度もまずまず良好ですが、午後になると濁りが深場が
上がってきて暗く感じます。

死滅回遊魚が多く登場しています。
今日はイトヒキアジ幼魚が目の前を通過
尾ひれから伸びる糸を優雅に揺らしながら泳ぎ去っていきました。

ツユベラ幼魚、カンムリベラ幼魚、そして今年も登場した
サザナミヤッコ幼魚
まだまだ小さな個体ですが、これからの成長が楽しめます。

ツユベラ幼魚
ツユベラ幼魚
カンムリベラ幼魚
カンムリベラ幼魚
サザナミヤッコ幼魚
サザナミヤッコ幼魚

連日、好調なコンディション


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月2日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温:33℃ 水温:24~27℃
透明度 : 8~12m  海況 : 穏やか

連日、晴天、猛暑日、穏やかなコンディションが続いています。
透明度も良好ですが、やや白っぽく感じます。

アオリイカの産卵、真っ盛り
台風後、産卵床が流され移動した為
産卵も控えられていたようですが、今日また再開
近くで見る事が出来ました。

アオリイカのペア
アオリイカのペア

一足先に生まれたアオリイカの子供達は
水面近くで、群れになって成長しています。

アオリイカの子供達
アオリイカの子供達

生息域が広いコロダイ
日本中部から南西諸島まで分布
沖縄でも普通に見られ、伊豆でも普通に見られる魚
体の模様が綺麗で、死滅回遊魚を連想するダイバーも多いはず。
今日はホンソメワケベラにクリーニングされている姿が観察できました。

コロダイ・クリーニング中
コロダイ・クリーニング中

今日は八幡野ダイビング


※最終エキジット16:30 のんびりと3ダイブ楽しめます。
<お勧めダイビング>サンセット、ナイトダイビング日程

8月1日(水)ポイント:八幡野
天気:晴れ 気温:33℃ 水温:19~26℃
透明度 : 8~12m  海況 : 良好

今日は八幡野へ行ってきました。
天気は晴天、今日も暑い一日でした。
穏やかなコンディション、透明度良好です。

浅場の水温がかなり上昇しています。
水温が上昇しクマノミの産卵真っ盛り
オス、メス共同で卵の世話をしている姿が観察できました。

産みたてクマノミ卵
産みたてクマノミ卵

クリアクリーナーシュリンプとウツボ
アゴの下に2匹のクリアクリーナーシュリンプがいて
盛んにクリーニングしていました。

クリアクリーナーショリンプとウツボ
クリアクリーナーショリンプとウツボ

砂地には目だけを出しているサカタザメがいました。

サカタザメ
サカタザメ