ややザブザブ潜水注意


※初開催!伊豆海洋公園 水中ロゲイニング参加者大募集!

11月22日(木)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温16℃ 水温:21~22℃
透明度 : 15~20m 海洋状況:風波あり

風が吹いた為、やや波のあるコンディションでしたが
水中は穏やか、透明度も良好でした。

ポイント全域、広く回遊しているキビナゴ
今日はキビナゴ群れにカンパチ3匹がアタック
目の前で繰り広げられる圧巻の捕食シーンが見れました。

カンパチ
カンパチ

死滅回遊魚ヤセアマダイ
体をくねらせながら巣穴の上を泳いでいます。
伊豆に登場する個体は、もうすぐ成魚な幼魚
幼魚の特徴は頭が黄色、成魚になると、ほぼ白

ヤセアマダイ幼魚
ヤセアマダイ幼魚

ガラスハゼのペアはムチヤギで見られています。
並んだ姿が可愛いですね。

ガラスハゼのペア
ガラスハゼのペア

ウミトサカの隙間からスケロクウミタケハゼが
顔を出し、可愛い姿が見られました。

スケロクウミタケハゼ
スケロクウミタケハゼ

間違いなく、今季ベストコンディション!


※初開催!伊豆海洋公園 水中ロゲイニング参加者大募集!

11月21日(水)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温20℃ 水温:22~23℃
透明度 : 15~20m超 海洋状況:風波弱

快晴、気温上昇、水温上昇、透明度良好、魚も多く
間違いなく、今季ベストコンディションです。
透明度が良いのは想定内でしたが、水温上昇は想定外
温かな水中でした。

キビナゴの群れがどんどん大きくなり、
送り出しの入り江を埋め尽くし、頭上を見ると一面キビナゴ

エントリー口にオヤビッチャが群れていますが、
その中にシマハギが一匹、紛れています。
そっくりな体色、模様、大きさ
魚達も目で自分と同じ仲間を判断しているのが分りますね。

オヤビッチャの群れにシマハギ
オヤビッチャの群れにシマハギ

砂地に小さなアオウミガメ
少し遠目だったので見るだけでしたが、優雅に泳ぎ去っていきました。

カミソリウオのペアも長く、同じ場所で見られています。
フラフラ、フラフラ、オスとメスが揺れに身を任せ、同じ動き

カミソリウオのペア
カミソリウオのペア

透明なので、少し分り難いですが
よく見てみると、綺麗ですね、、、クリア・クリーナー・シュリンプ

クリア・クリーナー・シュリンプ
クリア・クリーナー・シュリンプ

色鮮やかなニシキウミウシも観察出来ています。
色バリエーションの豊富なニシキウミウシ
個体差があるので、見比べてみると、興味深い!

ニシキウミウシ
ニシキウミウシ

今週末の3連休
多くの皆様をベストコンディションの伊豆海洋公園が
迎えてくれる事でしょう!

コンディション安定して良好!


※初開催!伊豆海洋公園 水中ロゲイニング参加者大募集!

11月19日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温17℃ 水温:20~21℃
透明度 : 15~20m 海洋状況:風波弱

風波があり、水面は少しざわついていましたが水中は穏やか
透明度も良好でコンディションは安定しています。

10円玉大のマツカサウオ幼魚
幼魚の時は黄金色に輝き綺麗ですね。
岩の下の暗い場所を住処としフラフラと泳いでいます。

マツカサウオ幼魚
マツカサウオ幼魚

アミメハギ幼魚はゆらゆら揺れる水中で海草をくわえ
体を固定している姿が観察できました。

アミメハギ幼魚
アミメハギ幼魚

少しづつウミウシも登場して来ましたが
今日は純白の綺麗な体色サクラミノウミウシを
見る事が出来ました。
ガーベラミノウミウシに極似ですが
ガーベラミノウミウシに比べて、
背中のミノが透けて尖っているところ
こんな見分け方を覚えていると、ちょっと自慢になるかも!?

サクラミノウミウシ
サクラミノウミウシ

曇りですが、水中は明るく、コンディション上々


※初開催!伊豆海洋公園 水中ロゲイニング参加者大募集!

11月18日(日)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温17℃ 水温:20~21℃
透明度 : 13~20m 海洋状況:良好

少し風が吹き、水面にざわつきがありましたが
ほぼ穏やかなコンディション
透明度も変わらず、良好でした。

キビナゴの群れが日々、數を増し大群になっています。
その群れの大きさから、視界が悪くなるほどです。
1ダイブ目はブリマチの根、2ダイブ目は2の根
足を延し、キンギョハナダイ、サクラダイなど、
大群で乱舞している様子をみてきました。
近場に熱帯域、亜熱帯域の海を彩っている生物の姿が
多く観察できています。

まだ幼魚で、成魚の鮮やかな色合いは出ていませんが
淡いブルーと黄色の体色が綺麗なウメイロモドキ幼魚

ウメイロモドキ
ウメイロモドキ

テングチョウチョウウオも目を引きます。

テングチョウチョウウオ
テングチョウチョウウオ

送り出しの入り江で成長が楽しめるサザナミヤッコ幼魚

サザナミヤッコ幼魚
サザナミヤッコ幼魚

まだまだ色鮮やかな熱帯域の生物が多く観察できています。

天気よく、穏やかで、最高に楽しい海


※初開催!伊豆海洋公園 水中ロゲイニング参加者大募集!

11月17日(土)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温20℃ 水温:20~21℃
透明度 : 13~20m 海洋状況:良好

今日も穏やかなコンディションで透明度良好
終日、気持ちの良い海でした。

砂地にセミホウボウの幼魚
小さなステージで、胸鰭を広げた姿が美しい!

セミホウボウ幼魚
セミホウボウ幼魚

コブダイ成魚は、成熟し、特徴であるアゴが大きく張り出し
さらに迫力が増し、悪者顔に見えます。

コブダイ熟成魚
コブダイ熟成魚

ビーチ全域にキビナゴがガンガン回り
周り一面、キビナゴ

一面、キビナゴ
一面、キビナゴ

最高の海、広がる、、、


※初開催!伊豆海洋公園 水中ロゲイニング参加者大募集!

11月16日(金)ポイント:伊豆海洋公園
天気:晴れ 気温18℃ 水温:21~22℃
透明度 : 15~20m 海洋状況:良好

昨日までの波のある落ち着かないコンディションから
今日は大変穏やかなコンディションになりました。
透明度最高です!
やっと、秋本来の透明度がやってきました。

先日は大きなトビエイ成魚が見られていましたが
今日は小さなトビエイ幼魚が登場
警戒心の少ない子で、ゆっくり近づくと触れそうな
距離まで寄れました。

超接近・トビエイ幼魚
超接近・トビエイ幼魚

フラフラ泳ぐタテジマキンチャクダイ幼魚
じっくりと観察すると口を開けたり、閉じたりの可愛い表情

口を開けたタテジマキンチャクダイ幼魚
口を開けたタテジマキンチャクダイ幼魚

砂地で見られている伊豆のガーデンイール、アキアナゴ
個体数が増え、11個体が砂から顔を出し、ゆらゆら

アキアナゴ11匹
アキアナゴ11匹

カミソリウオのペアはクローズしたコンディションにも負けず、
定位置にてフラフラしてます。

カミソリウオのペア
カミソリウオのペア

イサキ、ネンブツダイ、クロホシイシモチの群れが
混在して見れました。
透明度が良いので群れ全体がはっきりと見え、
癒されますね。

イサキ、ネンブツダイの群れ
イサキ、ネンブツダイの群れ

他にも多彩な生物が随所に観察でき
今週末は充実したダイビングをお約束出来そうです。

風強く、八幡野へ


※初開催!伊豆海洋公園 水中ロゲイニング参加者大募集!

11月14日(水)ポイント:八幡野
天気:曇りのち晴れ 気温17℃ 水温:21~22℃
透明度 : 12~15m 海洋状況:うねり弱

北東からの風が強く吹き、伊豆海洋公園はクローズ
穏やかな八幡野へ行きましたが、ややうねりあり
浅場は揺れていました。

エントリーしてすぐに、アオリイカ、ムロアジ、
アカカマスの群れが混在して見れました。

アカカマス
アカカマス

沖に少し出ると死滅回遊魚ミツボシクロスズメダイが
クマノミの根にて、まだまだ元気よく泳ぎまっています。

クマノミの根にて
クマノミの根にて

昨日、伊豆海洋公園で紹介した、
ちょっと茶色ぽいナマコマルガザミ
今日は個体数として多い、白に黒の水玉模様の個体が
見れました。

ナマコマルガザミ
ナマコマルガザミ

ムチヤギを住家とするガラスハゼ
2匹が並んで見られましたが、1匹は背びれにバネ状の寄生虫を
付けていました。

背鰭に寄生虫を付けたガラスハゼ
背鰭に寄生虫を付けたガラスハゼ

沖縄では岩礁域に群れで普通に見られるアカモンガラ
八幡野で幼魚が見られています。
幼魚はブルーの体色が綺麗ですね。

アカモンガラ幼魚
アカモンガラ幼魚

明日も北東の風が強く吹く予報なので
コンディションが心配されます。

マクロ、ワイド、充実!伊豆海洋公園!


※初開催!伊豆海洋公園 水中ロゲイニング参加者大募集!

11月13日(火)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇り 気温17℃ 水温:21~22℃
透明度 : 12~15m 海洋状況:波弱

少しうねりはありましたが、まずまず穏やか
透明度も良好です。

昨日、近くで見る事が出来なかったトビエイ
今日も登場し、手が届きそうな距離で見る事が出来ました。

大接近、トビエイ
大接近、トビエイ

トラフナマコの口に寄生するナマコマルガザミ
ナマコの色と模様そっくりに擬態してます。

ナマコマルガザミ
ナマコマルガザミ

先日、発見したミスガイ
まだ砂溜りの中にいました。

ミスガイ
ミスガイ

ミヤコキセンスズメダイ幼魚
口を開けている可愛い表情が見れました。

ミヤコキセンスズメダイ幼魚
ミヤコキセンスズメダイ幼魚

コブダイは大きな個体から小さな個体まで
各サイズ取り揃え、皆様を歓迎してくれます。

コブダイ
コブダイ

マクロからワイドまで充実
明日はブリマチの根まで遠征予定

コンディション復活


※初開催!伊豆海洋公園 水中ロゲイニング参加者大募集!

11月12日(月)ポイント:伊豆海洋公園
天気:曇りのち晴れ 気温24℃ 水温:21~22℃
透明度 : 12~15m 海洋状況:やや波あり

昨日は大荒れのコンディションでクローズとなりましたが
今日は波は落ち着き、潜水注意でオープンしました。
透明度は良好でしたが、午後は少し濁る傾向です。

キビナゴが川のように流れ、キビナゴリバー
きらきらと綺麗です。
砂地には大きなトビエイ
近付くと優雅に泳ぎ去っていきました。

トビエイ
トビエイ

クエ穴近くにテングチョウチョウオ幼魚が
フラフラと泳いでいました。
名前の通り、天狗のように鼻、、、ではなく
口が長い綺麗な魚です。

テングチョウチョウウオ幼魚
テングチョウチョウウオ幼魚

今年は砂地にやけに個体数が多いホシテンス幼魚
大きな個体から小さな個体、色も黒、白、薄緑、縞模様など
さまざまな個体が観察できます。

ホシテンス幼魚
ホシテンス幼魚

ややうねりあり八幡野


※初開催!伊豆海洋公園 水中ロゲイニング参加者大募集!

11月11日(日)ポイント:八幡野
天気:曇りのち晴れ 気温24℃ 水温:21~22℃
透明度 : 10~13m 海洋状況:やや波あり

予想していなかった、大きなうねりで
伊豆海洋公園、富戸はクローズ
八幡野に多くのダイバーが集まってきました。
八幡野もうねりがありましたが、透明度は良好

人気のカエルアンコウ
イロカエルアンコウ黄、オレンジ
長く見られているベニカエルアンコウを見る事が出来ました。

イロカエルアンコウ黄バージョン
イロカエルアンコウ黄バージョン
イロカエルアンコウ橙バージョン
イロカエルアンコウ橙バージョン
ベニカエルアンコウ
ベニカエルアンコウ

他にもカスザメ、マダラタルミ幼魚
水面にはイワシの群れ、アオリイカが見られ
じっくりと楽しめました。